loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

『ハミルトン』をディズニープラスが7月3日より世界同時配信

014863.jpg
画像を全て表示(1件)

ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」が、ブロードウェイ・ミュージカル『ハミルトン』を2020年7月3日(金)より世界同時配信する。日本での配信開始は同日16:00から。

『ハミルトン』は、アメリカ建国の父の一人で10ドル札の肖像になっているアレクサンダー・ハミルトンの生涯を、ヒップホップ、ジャズ、R&Bとブロードウェイが融合し描く歴史ミュージカル。

製作にはリン=マニュエル・ミランダ、ジェフリー・セラー、トーマス・ケイルが参加し、トニー賞11部門受賞をはじめ、グラミー賞、ローレンス・オリヴィエ賞、ピューリッツァー賞と主要賞の数々を獲得した。

配信される映像は、舞台を“そのまま”撮影したもの。視聴者は、独自の近さで、「演劇」と「映画」と「動画配信」を融合させた、ブロードウェイのステージを体験できる。

なお、世界同時配信のため、配信開始のタイミングでは音声は英語のみ。日本語字幕版の配信については、決定次第後日発表される。

ウォルト・ディズニー・カンパニー会長のロバート・A・アイガーは「このような力強いクリエイティブな方法で、人々に文化的インパクトを与え、心を掴むストーリーで魅了し、上演される芸術作品は過去10年間において『ハミルトン』のほかにありません。リーダーシップや不屈の精神とは何か、そして愛と希望、一丸となって逆境に立ち向かう人々が描かれた本作は、非日常的な試練に直面している我々に勇気を与えてくれることでしょう。アメリカ独立記念日である7月4日の前夜にこのような作品をディズニープラスで配信することを、とても楽しみにしています。また、リン=マニュエル・ミランダをはじめ、『ハミルトン』の素晴らしいチームのおかげで、当初の予定より一年以上も早く皆さんにご覧いただけることに、心より感謝しています」とコメント。

さらに、製作・脚本・音楽・作詞・主演を務めるリン=マニュエル・ミランダは「トーマス・ケイル監督が、『ハミルトン』をこのように美しく映像化してくれたことを誇りに思います。彼はすべての視聴者がこの作品を自宅の特等席で観られることを可能にしてくれたのです。世界中が混乱に陥っている今年、米国独立記念日の週末に本作のリリースを早めてくれたディズニーとディズニープラスに心より感謝します。この作品を楽しみにしてくださっているファンの皆様のご要望にお応えし、今回の配信開始を実現できたことを本当に嬉しく思っています。この作品は私たちの誇りです。そして、早く皆様に観ていただきたいです」と語っている。

本作は、2016年6月にブロードウェイのリチャード・ロジャース・シアターにて上演された舞台を撮影されたもので、監督はトーマス・ケイルが担当。トニー賞受賞のリン=マニュエル・ミランダがアレクサンダー・ハミルトン役、ダヴィード・ディグスがラファイエット侯爵/トーマス・ジェファーソン役、レネー・エリス・ゴールズベリーがアンジェリカ・シュイラー役、トニー賞ノミネートのクリストファー・ジャクソンがジョージ・ワシントン役、ジョナサン・グロフがジョージ3世役、フィリッパ・スーがエリザ・ハミルトン役、ジャスミン・セファス・ジョーンズがペギー・シュイラー/マリア・レイノルズ役、オキエリエテ・オナオドワンがヘラクレス・マリガン/ジェームズ・マディソン役、そしてアンソニー・ラモスがジョン・ローレンス/フィリップ・ハミルトン役をそれぞれ演じている。

【公式サイト】https://disneyplus.jp/
【公式Twitter】@DisneyPlusJP
【公式Instagram】@DisneyPlusJp

(C)2020 Lin-Manuel Miranda and Nevis Productions, LLC.

この記事の画像一覧

  • 014863.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事