loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

舞台『KING OF DANCE』SETO、楢木和也、辻諒がガチダンスで参戦

014844.jpg
画像を全て表示(4件)

2020年4月クールにドラマが放送された、ダンス自慢の俳優たちが限界ギリギリのダンスパフォーマンスで魅せるTVドラマ×舞台の連動プロジェクト『KING OF DANCE』舞台のあらすじと追加キャストが公開された。

発表されたのは、日本のストリートダンス界のオリジネーターでありダンスシーンをリードし続けるDANCE TEAM「Be Bop Crew」メンバー・SETO、ダンスエンターテインメント集団「梅棒」メンバーでミュージカル、舞台を中心に活躍中の楢木和也、ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」~暁の調べ~などにでも知られる実力派の辻諒の3名。

舞台ではダンス大会「KING OF DANCE」の決勝トーナメントが描かれ「Drawing Back」と「WORLD_M」は他グループを勝ち進んだ強敵との戦いが始まる。ETO演じるNAOTOはドロバが決勝トーナメントを勝ち上がるための臨時講師に。楢木演じるJ-Iは物語に深く関わる「大会組織委員会」の一つであるダンススタジオの経営者。辻演じるAL太はJ-Iの弟子として、高野洸演じる空、和田雅成演じる海斗を翻弄する。

また先日発表された、感染予防対策を講じた座席配置での公演実施に伴うチケットの払い戻しとチケット再販売の日程が決定。払い戻し期間は6月20日(土)から8月9日(日)まで、チケット再販売のオフィシャル先行は6月19日(金)18:00~6月28日(金)23:59に実施される。

舞台『KING OF DANCE』は以下の日程で上演される。
【大阪公演】2020年7月16日(木)~7月19日(日) COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール
【東京公演】2020年7月23日(木)~8月2日(日) ヒューリックホール東京
【愛知公演】2020年8月8日(土)~8月9日(日)名古屋市公会堂

【あらすじ】
時は大ダンス時代。誰もがダンスを嗜み、ダンスパフォーマンスにおける地位は最高潮を迎える。
そんな時代にあって実力のあるダンサーたちが目指す一つのタイトルがあった。その名は「KING OF DANCE」(KOD)。5年の空白を経て開催されるその大会を目指し、全国のダンスの実力者たちがしのぎを削っていた―。

D2(福澤侑)移籍という崖っぷちからの大逆転を見せたDrawing Back(ドロバ)の高山空(高野洸)たちは、見事決勝トーナメントへと駒を進めた。

そのライバルチームとして、グループステージで熱い闘いを繰り広げたWORLD_Mの三浦海斗(和田雅成)たちも同じく決勝への切符を掴んだ。決勝トーナメントでは、KODの頂点を見据える両チームの前に新たな強敵たちが待ち受けていた。

WORLD_Mの前に新たなライバルとして現れる“JAIL”。絶大な注目を集める実力派ダンスチームとして、WORLD_Mの前に立ちはだかる。敏腕プロデューサー兼振付師でもあり、現役ダンサーのJ-I(ジェーアイ・楢木和也)。そのJ-Iの弟子である、生意気な口調でお調子者なAL太(アルタ・辻諒)。

一方ドロバの前に時本修武(荒木宏文)の師匠であるNAOTO(SETO)が現れる。自由自在な音の遊び、繰り広げられるステップは、誰も真似することが出来ないNAOTOオリジナル。そんな憧れの存在から指導を受けることになったドロバメンバーは、準決勝の対戦相手を倒すべくパワーアップを図る。

それぞれ熱い想いを抱きながら、多彩なダンサーたちが集まる決勝トーナメント!!果たして、ダンサーNO.1の称号を手にするのはどのチームなのか⁈

【公式サイト】https://king-of-dance.com

(C)2020「KING OF DANCE」製作委員会

この記事の画像一覧

  • 014844.jpg
  • 014844_02.jpg
  • 014844_03.jpg
  • 014844_04.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事