loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

『SERVAMP-サーヴァンプ-』舞台化!主演は竹中凌平

014825.jpg
画像を全て表示(1件)

「月刊コミックジーン」(KADOKAWA)にて連載されている田中ストライクの人気漫画「SERVAMP-サーヴァンプ-」が舞台化される。高校1年生の主人公・城田真昼役には竹中凌平が決定した。

「SERVAMP-サーヴァンプ-」は、男子高校生の城田真昼が、道端で一匹の黒猫を拾い「クロ」と名付けたところ、その猫が“サーヴァンプ”という契約した人間のいうことを聞く“SERVANT(下僕)”の“VAMPIRE(吸血鬼)”だったことから始まるバトルファンタジー。契約によってクロの主人(イヴ)となってしまった真昼は、吸血鬼同士の争いに巻き込まれ戦うことになるのだが・・・。

2015年7月にアニメ化され、2018年4月には劇場アニメとして『SERVAMP-サーヴァンプ-』-Alice in the Garden-も公開された。舞台の脚本・演出は劇団ホチキスの米山和仁が手掛ける。

舞台『SERVAMP-サーヴァンプ-』は、以下の日程で上演される。

【東京公演】11月27日(金)~12月6日(日) 東京のこくみん共済 coop ホール/スペース・ゼロ
【大阪公演】12月19日(土)・12月20日(日) 大阪・松下IMPホール

【公式サイト】http://wup-e.com/servamp-stage/

【公式Twitter】@servamp_stage

この記事の画像一覧

  • 014825.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事