loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

ミュージカル『王家の紋章』再々演決定!浦井健治、海宝直人、神田沙也加、木下晴香が時を超えた愛の物語を紡ぐ

014803.jpg
画像を全て表示(1件)

2021年8月から9月にかけて東京、福岡でミュージカル『王家の紋章』が上演されることが発表された。また、メンフィスを浦井健治、海宝直人、キャロルを神田沙也加、木下晴香がそれぞれWキャストで演じることも明らかになった。

本作は、1976年から今なお連載が続く、少女漫画の金字塔「王家の紋章」のミュージカル化作品で、古代エジプトの王・メンフィスと現代の少女・キャロルが紡ぐ、3000年の時を超えた愛の物語を描いている。2016年8月に初めてミュージカル化されると、チケットは即日完売、公演初日に再演が発表されるという熱狂ぶりで話題を呼び、2017年の再演でも数多くの観客を魅了してきた。

今回発表された再々演では、海宝、神田、木下が新たに参加。2021年8月に東京・帝国劇場、9月に福岡・博多座での上演を予定している。

【公式サイト】 https://www.tohostage.com/ouke/

この記事の画像一覧

  • 014803.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事