loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

佐藤健が企画した書籍「るろうにほん 熊本へ」重版決定

014762.jpg
画像を全て表示(1件)

映画『るろうに剣心』の撮影で度々訪れ、縁の深い場所である熊本地震の復興を願って佐藤健が企画した書籍「るろうにほん 熊本へ」。大好評より4刷をし、再販売することが分かった。佐藤は熊本で起きた震災の直後、自身も被災地に炊き出しに赴き、現地で出会った方々と触れ合ってきた。そのふれあいの中で、佐藤自らが発案し出版へと繋がり、2017年4月に初版が発売された。

熊本県内各地での魅力あふれる人々との出会いから、守るべき日本の伝統文化と、そしてその未来について考える、“ロードムービー的BOOK”となっており、熊本のおいしい食べ物やすてきなお店、風景など、ガイドブックとしても活用できるくらい、さまざまなスポットが紹介されている。また、震災直後の熊本城や阿蘇神社の写真も収められており、忘れてはいけない震災の記録としても貴重な資料となっており、さらに、書籍の利益の全額が熊本の地元自治体に寄付されるようになっている。

佐藤にとっても思い入れの深いこの書籍へ「もう一度買えるようにしてほしい」という声が多く上がり、今回の重版が決定。アーティストオンラインショップ「A!SMART(アスマート)」、そして各書店の店頭にて購入することが可能だ。。

なお、「るろうにほん 熊本へ」の利益は熊本市の文化ホールの復旧や復興イベントに役立てていただくべく、2018年4月14日付で、利益の全額を「熊本市ふるさと応援寄附金」へ寄付。また、書籍「るろうにほん 熊本へ」台湾翻訳版の利益の全額が平成30年北海道胆振東部地震災害の義援金として北海道庁に寄付されているという。

この記事の画像一覧

  • 014762.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事