loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

ロンドンのグローブ座、閉館の危機

014647.jpg
画像を全て表示(2件)

新型コロナウイルスの影響により、すでに世界では閉館する劇場がでてきてしまっている。ロンドンのシェイクスピアズ・グローブ座(Shakespeare’s Globe Theatre)も、イギリス政府が何もしなければ閉館の危機に陥っているという。Broadway.comが伝えている。

テムズ川南岸にある伝統あるグローブ座は、新型コロナウイルスの感染拡大により3月18日から休館となった。先日、英国議員内委員会に提出された文書によれば、この歴史ある劇場が9月までに再オープンすることができなければ500万ポンド(約6億5600万円)の政府からの援助が必要となるという。

014647_2.jpg

ウィリアム・シェイクスピアが創設したエリザベス朝の野外劇場を模して1599年に建てられたグローブ座だが、その23年間の歴史の中でこのような経済的困難に直面したことはなかった。

グローブ座の公式サイトには、「劇場が過去にない時代を経験する中、政府から定まった援助を受けていない我々は、今こそあなたの援助を必要としています」と綴られている。

※為替レートは2020年5月19日時点

【シェイクスピアズ・グローブ座】https://www.shakespearesglobe.com/
【募金】https://www.shakespearesglobe.com/join-and-support/donate/

この記事の画像一覧

  • 014647.jpg
  • 014647_2.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事