loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

「巣ごもりシアター」“おうちで戯曲” 3作を追加配信!蓬莱竜太・坂手洋二・別役実作品が登場

014642.jpg
画像を全て表示(5件)

新国立劇場が行っている公演記録映像の無料配信「巣ごもりシアター」。演劇部門では2020年4月23日より、新国立劇場のために書き下ろされた戯曲を、期間限定でウェブ公開する「おうちで戯曲」を展開中。このほど、追加作品計3作が決定し、5月21日(木)から蓬莱竜太『消えていくなら朝』、坂手洋二『現代能楽集 鵺』を、そして5月28日(木)からは、別役実『月・こうこう,風・そうそう』を各作2週間限定で観ることができる。

014642_02.jpg

また、「普段小説は読むけれど、戯曲を読むって・・・?」という方に向け、新国立劇場の演劇公式SNS上で、本屋さんのポップ風の紹介文が投稿されている。現代人の誰しもが抱える悩みや、疑問、その時々の気分などのキーワードを用いて各作品のおすすめポイントを紹介しており、書店に並ぶ本を手に取るような感覚で楽しむことができるようになっている。

◆戯曲公開追加 作品一覧&スケジュール

【配信期間】5月28日(木)15:00~6月11日(木)14:00

蓬莱竜太『消えていくなら朝』(2018年7月初演)
時代をつかむ劇作家・蓬莱竜太が、「現在」を描き出した書き下ろし作品。とある家族を通して、仕事や日常生活というそれぞれの人生と、家族として断ち切れない絆の中で、生きていく幸せを問う。第6回ハヤカワ「悲劇喜劇」賞受賞作品。

014642_03.jpg

撮影:谷古宇正彦(2018年)

坂手洋二『現代能楽集 鵺』(2009年7月初演)
世阿弥晩年の作といわれる謡曲『鵺』をもとに、坂手洋二が時空を越えて妖怪"鵺"を描いた作品。平安末期の日本から現代のアジアまで、時空や夢幻を超えて人間の心の深遠を辿っていく。

014642_04.jpg

撮影:谷古宇正彦(2009年)

【配信期間】5月28日(木)15:00~6月11日(木)14:00

別役実『月・こうこう,風・そうそう』(2016年7月初演)
日本の現代演劇を切り拓いてきた劇作家、別役実が新国立劇場に書き下ろした本作。竹林の中にある国に現れたかぐや姫によって巻き起こる、一陣の風の様な出来事を、「かぐや姫伝説」をモチーフに描く。

014642_05.jpg

撮影:谷古宇正彦(2016年)

【公式サイト】https://www.nntt.jac.go.jp/sugomori_gikyoku/
【公式Twitter】@nntt_engeki
【公式Facebook】https://www.facebook.com/nnttplay
【公式Instagram】https://www.instagram.com/nntt_engeki/

この記事の画像一覧

  • 014642.jpg
  • 014642_02.jpg
  • 014642_03.jpg
  • 014642_04.jpg
  • 014642_05.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事