loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

「演劇は生きる力です。演劇緊急支援プロジェクト」賛同署名を募集中

014610.png
画像を全て表示(1件)

新型コロナウィルスの影響で、劇場の閉鎖や公演の中止など「未曾有の危機」を迎えている演劇界。このほど、現状を打破すべく日本演出者協会、日本劇作家協会、日本劇団協議会が中心となり「演劇は生きる力です。演劇緊急支援プロジェクト」が発足された。

これは国、及び地方自治体、民間の企業に向けて、演劇団体、演劇に関わる全ての人たちへの緊急支援を願う要望をまとめて提出するプロジェクト。その「要望書」とともに提出する署名を、5月20日(水)を目指して集めているとのこと。

呼びかけ人には、公益社団法人日本劇団協議会 会長の西川信廣(文学座)、一般社団法人日本演出者協会 理事長の流山児祥(流山児★事務所)、一般社団法人日本劇作家協会 会長の渡辺えり(オフィス3○○)らが名を連ねている。

要望書には、「演劇の死」が、現代ではなにより貴重で大切な「対話の死」「想像力の死」とも言えること。そして、演劇の灯を絶やさないための具体的な要望などが記載されている。

またサイトには流山児祥、渡辺えり、前川知大、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、鵜山仁、松本祐子、シライケイタ、日澤雄介らの本プロジェクトへかける思いが公開されている。

【プロジェクトサイト】http://engekikinkyushien.info/

この記事の画像一覧

  • 014610.png
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事