loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

吉谷光太郎×高崎翔太x橋本祥平によるオンライン企画会議 「キカクのタネ」始動

014588.jpg
画像を全て表示(1件)

2020年5月10日(日)から演出家と俳優、そして視聴者の三者でオンライン企画会議をし“キャラクター”を作っていくトーク番組『キカクのタネ』が配信されることが明らかになった。本企画には演出家・吉谷光太郎、俳優・高崎翔太、俳優・橋本祥平の3名が出演し、ライブストリーミング機能YouTube Liveにて1話60分の配信をしていく予定だという。

演出家は「この俳優の新たな一面を引き出したい」俳優は「こんな役を演じてみたかった」、また視聴者は「2人のこんな役を見てみたい」など、見た目や性格などさまざまな視点から魅力的なキャラクターを創造。この企画会議でゼロから誕生したキャラクターたちは夢物語として終わらせず、グッズ化、朗読劇、舞台化など、演劇の未来へつながる希望の『種』を育てていく。

ルールは、「エンターテイメントであること」、「一緒に作っていくこと」、「新しい一面に挑戦すること」の3つ。第1回目の配信は5月10日(日)15時からポリゴンマジックのYOUTUBEチャンネルにて行われる。

以下、出演者のコメントを紹介。

◆吉谷光太郎(演出家)
未来のことを話すのは楽しい。何もないところから作り上げるのは楽しい。気心知れた人たちと考えるのは楽しい。想像してなかった思わぬ方向にアイデアが向かうのは楽しい。皆さんを巻き込んで作るのは楽しい。いつの日か実現出来たら楽しい。演劇は楽しい。そこで生まれたものが大輪の花を咲かせるか、はたまたモンスターになるのか。タネから育てて経過を見る。そんな企画番組です。

◆高崎翔太(俳優)
この度キカクのタネに参加します、高崎翔太です。
お世話になっている、吉谷さんと、気の合う祥平と、そして、視聴者さんと。何か新しいものを生み出せるのがとても楽しみです。祥平にやらせたい役柄は28浮かんでいます。
よろしくお願い申し上げます。

◆橋本祥平(俳優)
役者同士でどんな役を演じてみたいか、どんな舞台をやってみたいかと夢を語る時があります。想像は膨らむばかりで考えているその時間が僕にとってはとても幸せでした。ですので今回この様な企画に参加できる事、大変嬉しく思います。
また以前の様な日々を取り戻し更に良い環境にする為に、今は苦しい時ではございますが、こんな時だからこそ出来るこの企画に全身全霊挑ませて頂きます。演劇の明るい未来のために、僕達と皆様の知恵とハートで一緒に素敵なタネを植えましょう!

【YouTube公式チャンネル】 https://www.youtube.com/channel/UC4KaHr5xFEZiunMoZA_QVow
【Twitter公式アカウント】 @kikakunotane

この記事の画像一覧

  • 014588.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事