loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

吉田鋼太郎、小栗旬、横田栄司ら出演舞台『ジョン王』全公演中止を発表

014582.jpg
画像を全て表示(1件)

2020年6月から7月にかけて埼玉、名古屋、大阪で上演を予定していた彩の国シェイクスピア・シリーズ第36弾『ジョン王』が全公演中止を発表。新型コロナウイルス感染症の感染拡大の収束が見通せない現状を鑑み、やむなくこの判断が下されたという。

1998年のスタート以来、彩の国さいたま芸術劇場の芸術監督・蜷川幸雄のもとで、国内外に次々と話題作を発表してきたシェイクスピア全37戯曲の完全上演を目指す彩の国シェイクスピア・シリーズ。第36弾は英国史上最も悪評の高い王であろうジョンの治世を描いた歴史劇が、小栗旬、横田栄司、中村京蔵、玉置玲央、白石隼也、植本純米、吉田鋼太郎らによって上演される予定だった。

5月16日(土)に予定していたチケットの一般発売はなく、各種先行販売で購入されたチケット代金の払戻しの対応をするという。

以下、彩の国シェイクスピア・シリーズ芸術監督を務める吉田鋼太郎からのコメントを紹介。

◆吉田鋼太郎

このひと月、僕達キャスト、スタッフ、プロデューサー全てのジョン王メンバーはパドックでゲートがオープンする瞬間を待つ競走馬のようでした。

でも今回ゲートは開きませんでした。

そして幾ステージかをやはり中止せざるを得なかった前公演「ヘンリー八世」の雪辱を大いに果たす意気込みだったのですが、それも叶いませんでした。

残念です。

残念ではありますが気を取り直して又前を向いて準備をします。

必ず近い将来、極近い将来「ジョン王」も「ヘンリー八世」も上演しようと思っています。

又、彩の国さいたま芸術劇場で皆様にお目にかかれる事、楽しみにしております。

それまでどうぞ皆様も、呉々もお元気でお過ごし下さい。

【埼玉公演】https://saf.or.jp/arthall/information/detail/1108
【名古屋公演】https://www.misonoza.co.jp/lineup/month200703.html
【大阪公演】https://www.umegei.com/system/information/detail/175

この記事の画像一覧

  • 014582.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事