loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

EPOCH MAN、一色洋平×小沢道成の舞台4作品が配信中

014580.jpg
画像を全て表示(1件)

2020年5月6日(水)までEPOCH MAN(小沢道成主宰)と一色洋平×小沢道成の過去舞台4作品が配信されている。

配信されたのは、『寂れた駅の売店を舞台に、ある事情を抱えた青年と売店のおばちゃんの二人による、過去と現在、そして夢を巡る物語『夢ぞろぞろ』。2019年夏に下北沢・シアター711で上演されたEPOCH MANの作品である。

俳優の一色洋平と小沢道成がタッグを組んだ演劇企画「一色洋平×小沢道成」からは、3作品が配信中。2014年に王子小劇場にて上演された『谺は決して吼えない』、2016年に下北沢・Geki 地下 Libertyにて上演された『巣穴で祈る遭難者』。『巣穴で祈る遭難者』はステージ毎に二人の役を〝交換〟するという異色な試みがされた企画で、その〝2バージョン〟を見ることが出来る。

上記3作品はFilmuyにて、30日間何度でも見ることが可能な〝有料レンタル配信〟され、特典として二人からのメッセージ動画も用意されている。

◆視聴URL
EPOCH MAN『夢ぞろぞろ』:https://www.youtube.com
一色洋平×小沢道成『谺は決して吼えない』『巣穴で祈る遭難者(2ver.)』:https://filmuy.com/epochman

【EPOCH MAN 公式サイト】http://epochman.com/

この記事の画像一覧

  • 014580.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事