loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

リモート配信劇場「うち劇」第2弾は佐藤流司×良知真次×近藤頌利、第3弾は凰稀かなめ×染谷俊之

014579.jpg
画像を全て表示(1件)

リモート配信劇場「うち劇」の第2弾&第3弾の配信が決定した。「うち劇」とは、株式会社BS-TBSと作家集団・株式会社クリエイティブボードが、バルス株式会社の提供する有料配信プラットフォームを活用し、設立した新企画。第2弾は5月5日(火)、第3弾は5月6日(水)に実施される。

第2弾では、佐藤流司、良知真次、近藤頌利の3名によって、朗読劇『振り向くな、後ろには未来はない』(脚本・演出:太田善也)をライブ配信。世界を覆った疫病から5年が経ち、かつてのエリートは職を失いやくざへと身を持ち崩していた。そんな価値観が大きく変わった世界で、希望を探し、“あがき続ける男たちのものがたり”を描く。

第3弾には、凰稀かなめと染谷俊之が登場する。二人が演じるのは、朗読劇『刑事×刑事』(脚本:加藤淳也/演出:太田善也)。事件を解決するために刑事が悪戦苦闘するオムニバス作品で、二人が演じる様々な刑事のコミカルな一面に注目だ。

両日共に1日2公演で、第1部は15:00開演(14:30開場)、第2部は19:00開演(18:30開場)。各部、各出演者による上演後のアフタートーク付きチケットは、5月3日(日)12:00より販売開始。

この記事の画像一覧

  • 014579.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事