loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

渡辺謙×宮沢氷⿂出演舞台『ピサロ』がWOWOWで放送決定

014567.jpg
画像を全て表示(1件)

2020年3月に上演されていたPARCO劇場オープニング・シリーズ第⼀弾『ピサロ』が6月27日(土)17:00からWOWOWで放送されることが決まった。本作は『エクウス』『アマデウス』『ブラック・コメディ』といった作品を生み出した英国の劇作家ピーター・シェーファーの傑作戯曲で、主演・渡辺謙の他、宮沢氷魚、栗原英雄、和田正人、大鶴佐助、外山誠二、長谷川初範らが出演している。

本作の舞台は16世紀、コロンブスの新⼤陸発⾒に端を発したグローバリゼーションの始まり。ヨーロッパからアメリカ⼤陸に渡り、インカ帝国を滅ぼした将軍ピサロと、インカ帝国の王アタウアルパの壮⼤な運命を描いている。1985年に⼭﨑努主演で上演され、当時アタウアルパを演じ、その演技が注目を集めた渡辺謙が35年の時を経て⽼征服者ピサロを演じ、宮沢氷⿂が聡明な王アタウアルパ役に挑戦している。

【あらすじ】
16世紀のスペイン。齢60を過ぎたフランシスコ・ピサロ(渡辺謙)は、⼈⽣最後になるであろう新⼤陸への遠征に向かおうとしていた。「アンデスのはるかなる⼭の向こうに、無尽蔵の宝がある」という彼の呼び掛けによって、多くの平⺠たちが⼀攫千⾦の夢を⾒て遠征に加わり、神⽗や傭兵を含む総勢187⼈の⼀団がインカへと旅⽴つ。
キリスト教布教のため、故国スペインのため、そして⻩⾦を⼿に⼊れるため、それぞれ⽬的を持った⼀団は、ジャングルを抜け、アンデス⼭脈を越える。過酷な⾏軍の末、インカの地カハマルカへと到着する。その帝国は、⾃らを太陽の息⼦とするアタウアルパ(宮沢氷⿂)が偉⼤な王として統治していた。ピサロが率いるスペイン軍は、インカの地を征服するため無抵抗の3000⼈のインディオを虐殺し、王アタウアルパを⽣け捕りにする。そして王を釈放する代わりに、莫⼤な⻩⾦を要求するのだった。

◆放送情報
PARCO劇場オープニング・シリーズ第⼀弾『ピサロ』
2020年6⽉27⽇(⼟)17:00からWOWOWライブにて放送

【作】ピーター・シェーファー
【翻訳】伊丹⼗三
【演出】ウィル・タケット

【出演】
渡辺謙
宮沢氷⿂、栗原英雄、和⽥正⼈、⼤鶴佐助、
⾸藤康之、⼩柳友、⽥中俊介、菊池均也、
浅野雅博、⻲⽥佳明、⾦井良信、下総源太朗、
⽵⼝⿓茶、松井ショウキ、薄平広樹、中⻄良介、
広島光、⽻⿃翔太、加藤貴彦、萩原亮介、鶴家⼀仁、
王下貴司、前⽥悟、佐藤マリン、鈴⽊奈菜、宝川璃緒、
外⼭誠⼆、⻑⾕川初範

◆関連番組
ミュージカル『The King and I 王様と私』ロンドン版(字幕版)
2020年6⽉5⽇(⾦)20:00

この記事の画像一覧

  • 014567.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事