loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

“舞台芸術を未来に繋ぐ”公益基金を立ち上げ!賛同者代表に脚本家・演出家の板垣恭一、伊礼彼方ら

014535.jpg
画像を全て表示(5件)

2020年4月28日(火)から、舞台公演製作会社であるconSept合同会社と経営コンサルティング及び舞台公演投資会社である杉本事務所が、全ての舞台芸術関係者(出演者、クリエイター、スタッフ、その他関係者)に対する支援を行う目的の公益基金「新型コロナウイルス感染症被害対策:舞台芸術を未来に繋ぐ基金=Mirai Performing Arts Fund」を立ち上げることを発表。公益基金を応援する賛同者の代表として脚本家・演出家の板垣恭一、伊礼彼方が参加しているという。

014535_03.jpg

014535_02.jpg

この公益基金では、寄付による原資を使い、新型コロナウイルス感染症の拡大防止によって活動停止を余儀なくされた舞台芸術に携わる出演者・クリエイター・スタッフ(個人、団体問わず)に対して今後の活動に必要な資金を助成。

クラウドファンディングサイト「MotionGallery」に基金を設立しており、公益基金である事から当プロジェクトのリターンは税制優遇措置を受けられる領収書の発行のみになるという。また、「MotionGallery」が実施されているコロナウイルス対策支援プログラムにより、募金目標額である1億円に達しなくてもプロジェクト成立となる仕組みになっているのだとか。

また、現在この公益基金では賛同人となる舞台関係者を募集。賛同人となった企業や団体は募金サイトに名前が掲載され、募金活動の広報に協力することになるという。賛同人であっても助成申請を行う事は可能とのことで、募金開始後も随時受け付けるという。

014535_04.jpg

同プロジェクトより「今も多くの出演者やクリエイター、スタッフが普段とは違う形でSNSやYouTubeを通して世の中を鼓舞したり慰めたり安らぎを提供するための努力を続けています。それら全ては本来対価が支払われて成り立つものですが、今は対価を求めにくい状況下で彼らは自分たちの社会的な存在価値を試されているという部分もあると思います。ほんの少しでもそんな彼らへの支えと後押しが出来ればと思って本基金の設立に至った次第です。全世界が苦境に立たされている状況ではありますが、これまでの人生で少しでもエンタメや舞台芸術によって楽しみを得たり思い出を持つ事が出来たと思われる方は、皆さん個々の可能な範囲で結構ですので舞台芸術を未来に繋げられるよう応援していただけますと幸いです」というメッセージも出されている。

募金サイトは4月28日(火)に公開される予定で、寄付の方法や助成申請方法等については、公開されるサイトにて詳しく案内されるという。

014535_05.jpg

◆募金に関する情報
新型コロナウイルス感染症被害対策:舞台芸術を未来に繋ぐ基金=Mirai Performing Arts Fund
2020年4月28日(火)公開予定
【募金目標額】1億円
【募金サイト】https://motion-gallery.net/projects/butainomirai
※リンクが有効になるのは公開予定日から。

【運営事務局】公益財団法人パブリックリソース財団
【幹事(基金立上げ人)】conSept合同会社、杉本事務所
【賛同人代表】板垣恭一(脚本家・演出家)、伊礼彼方(俳優)
【ロゴデザイン】高橋誠己(think_small)

この記事の画像一覧

  • 014535.jpg
  • 014535_03.jpg
  • 014535_02.jpg
  • 014535_04.jpg
  • 014535_05.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事