loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

仲田博喜、櫻井圭登、富園力也ら出演「錆色のアーマ」外伝、全公演中止を発表

014518.jpg
画像を全て表示(1件)

2020年6月に上演を予定していた「錆色のアーマ」外伝 -碧空の梟-(あおのふくろう)が全公演中止を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言及び地方自治体の方針を受け、協議を重ねた結果、やむなくこの判断が下されたという。

公演中止に伴い、チケットの払い戻しを実施。払い戻しの詳細は、後日公式ホームページにて発表されるという。

戦乱の世を舞台に「アーマ」と呼ばれる武器を携えた男たちの物語「錆色のアーマ」は、舞台を原作としてメディアミックス展開を行う“逆2.5次元”プロジェクトで、2017年6月に舞台第1弾、2019年6月に第2弾「-繋ぐ-」を上演。鉄砲の腕前一つで名乗りを上げた孫一が率いる“雑賀衆”と、天を喰らおうとする信長の出会いと因縁を描く今回の公演は、池袋のLIVE エンターテインメントビルMixalive TOKYO(ミクサライブ東京)内に誕生するTheater Mixaのこけら落とし公演にラインアップされていた。

(C)「錆色のアーマ」プロジェクト

この記事の画像一覧

  • 014518.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事