loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

パルコ・プロデュース『ピサロ』『佐度島他吉の生涯』全公演中止、『キテレツメンタルワールド』公演延期の調整を発表

014466.jpg
画像を全て表示(1件)

政府からの緊急事態宣言発令を受け、パルコ・プロデュース公演となる『ピサロ』『佐度島他吉の生涯』の公演中止、東京ゲゲゲイ歌劇団 vol. IV『キテレツメンタルワールド』の公演延期の調整をすることが発表された。各公演、予定通り催行すべく慎重に政府ならびに関係諸機関の動向を注視しながら準備を進めきたが、政府からの緊急事態宣言発令を受けてこの判断が下された。

PARCO劇場のオープニング作品第1弾として上演していた渡辺謙主演舞台『ピサロ』は、4月1日から4月13日(月)までの公演を中止していたが、4月21日(火)から4月30日(木)に予定していた追加公演を含め、4月15日(水)以降の全公演を中止することに。4月11日(土)から今回中止が決まった公演分のチケット払い戻しが実施されるという。

佐々木蔵之介主演のPARCO劇場オープニング・シリーズ 第2弾『佐度島他吉の生涯』は、5月13日(水)からの上演を予定していたが、公演準備のための十分な時間が確保できないため、東京・大阪全公演中止を決めた。チケットの払い戻しについては、近日中にPARCO STAGE Webサイト及び公式SNSにて案内されるという。

そして、東京ゲゲゲイ歌劇団 vol. IV『キテレツメンタルワールド』は4月29日(水・祝)より東京・東大和市民会館ハミングホールでの公演を始め、各都道府県での上演を予定していたが、現在東京国際フォーラム公演、地方公演を含む全公演を延期すべく検討しているという。現在、振替公演の日程を調整しているが、チケットの払い戻し、振替方法については、準備が整い次第各公演主催者サイトで発表されるという。また、振替公演の日程も決定次第PARCO STAGE Webサイトおよび東京ゲゲゲイオフィシャルサイトにて発表される。

なお、5月から6月にかけて新国立劇場 中劇場で上演予定の髙木雄也単独初主演舞台『裏切りの街』以降の公演については、現在のところ予定通り催行の予定で公演準備を進めているという。

この記事の画像一覧

  • 014466.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事