loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

倉本聰が作・演出を務める舞台『屋根2020』富良野公演に続き、東京公演の中止も決定

014458.jpg
画像を全て表示(1件)

すでに富良野公演の中止が発表されていた、テレビ朝日開局60周年記念ドラマ『やすらぎの刻~道』放送記念 富良野GROUP特別公演『屋根2020』の東京公演中止が発表された。新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化し、政府が東京都などを対象に緊急事態宣言を発表する方針を示したことから、観客をはじめ出演者・スタッフの安全を第一に考えてこの判断が下された。

東京公演中止に伴いチケットの払い戻しを実施しており、期間は5月3日(日・祝)までだという。

ドラマ「やすらぎの刻~道」の元になった名戯曲『屋根』。倉本聰が作・演出を手掛けており、森上千絵、納谷真大、久保隆徳、加藤久雅、水津聡、戸塚祥太、佐藤祐基らが出演を予定していた。

この記事の画像一覧

  • 014458.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事