loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

大竹しのぶ、宮沢りえ、井上芳雄ら出演舞台『桜の園』全公演中止を発表

014455.jpg
画像を全て表示(1件)

2020年4月から東京・Bunkamuraシアターコクーンで開幕予定だったシス・カンパニー公演 KERA meets CHEKHOV Vol.4/4『桜の園』が、全公演中止を決定した。すでに4月12日(土)までの公演中止を発表していたが、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が、4月7日(火)に発せられる方針が表明されことを鑑みて、やむなくこの判断が下された。

全公演中止に伴いチケットの払戻の受付が4月6日から始まっており、期間は5月15日(金)までだという。

シス・カンパニー公演 KERA meets CHEKHOV Vol.4/4『桜の園』は、19世紀末のロシア、桜の木々に囲まれた没落貴族の屋敷を舞台に交錯する人々の思いを描いた、ケラリーノ・サンドロヴィッチが上演台本・演出を務める舞台で、大竹しのぶ、宮沢りえ、井上芳雄、黒木華、杉咲花、生瀬勝久、鈴木浩介、野間口徹、藤田秀世、西尾まり、半海一晃、山崎一らが出演を予定していた。

この記事の画像一覧

  • 014455.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事