loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

鈴木勝吾、平野良ら出演ミュージカル『憂国のモリアーティ』新キャストに大湖せしる、根本正勝

014442.jpg
画像を全て表示(1件)

2020年7月から東京、京都で上演予定のミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.2(オーパスツー)の新キャストが発表され、大湖せしる、根本正勝が出演することが明らかになった。二人はシャーロック・ホームズと縁の深い、アイリーン・アドラー、マイクロフト・ホームズをそれぞれ演じる。また、演奏者としてピアノ・境田桃子、バイオリン・林周雅の続投も決まった。

本作は、集英社「ジャンプSQ.」で2016年8月から連載されている、構成/竹内良輔氏、漫画/三好輝氏による人同名画が原作。コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」を原案に、ホームズ最大の宿敵であるモリアーティ教授視点で再構築された物語になっている。上流階級の人間達に支配され差別が蔓延している19世紀末の「大英帝国」を舞台に、階級制度による悪を取り除き、理想の国を作ろうとするモリアーティと、宿敵シャーロック・ホームズの戦いを中心に描いている。

舞台化第2弾となる今回、前作同様、脚本・演出はダイナミックな物語創りと繊細な心理描写を得意とし、幅広い物語作りの技巧に定評がある劇団「InnocentSphere(イノセントスフィア)」の西森英行が務め、音楽は多数の企業CMを手がけ、演奏家としても多くのアーティストの作品に参加している、ただすけ氏が担当。

鈴木勝吾、平野良、久保田秀敏、山本一慶、井澤勇貴、赤澤遼太郎、鎌苅健太、七木奏音、高木俊ら初演キャストが再集結することが発表されていたが、今回新たにアイリーン・アドラー役の大湖、マイクロフト・ホームズ役の根本の出演が決まった。

ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.2(オーパスツー)は下記の日程で上演される。


【東京公演】2020年7月31日(金)~8月10日(月・祝) 天王洲 銀河劇場
【京都公演】2020年8月14日(金)~8月16日(日) 京都劇場

【原作:構成】竹内良輔
【漫画】三好輝

【脚本・演出】西森英行
【音楽】ただすけ

【出演】
ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ:鈴木勝吾
シャーロック・ホームズ:平野良

アルバート・ジェームズ・モリアーティ:久保田秀敏
ルイス・ジェームズ・モリアーティ:山本一慶
セバスチャン・モラン:井澤勇貴
フレッド・ポーロック:赤澤遼太郎

ジョン・H・ワトソン:鎌苅健太
ミス・ハドソン:七木奏音 ジョージ・レストレード:高木俊

アイリーン・アドラー:大湖せしる
マイクロフト・ホームズ:根本正勝 ほか
ほか

【公式サイト】https://www.marv.jp/special/moriarty/

※高木俊の「高」ははしごだかが正式表記

(C)竹内良輔・三好 輝/集英社 (C)ミュージカル『憂国のモリアーティ』プロジェクト

この記事の画像一覧

  • 014442.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事