loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

松島庄汰・渡部秀W主演の“現代のお伽話”『罪男と罰男』対策を施し大阪で開幕

014346.jpg
画像を全て表示(18件)

松島庄汰・渡部秀W主演によるOFFICE SHIKA PRODUCE最新作『罪男と罰男』が、大阪・ABCホールにて開幕した。本作は、劇団鹿殺しの丸尾丸一郎が2017年にNHKラジオドラマ「劇ラヂ!」シリーズとして発表した“二人の男が迷い込む現代のお伽話”の舞台化作品。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う劇場休館により東京公演は中止となったが、対策を施し、大阪で念願の初日を迎えた。

014346_3.jpg

出演は、松島、渡部、丸尾のほか、鷺沼恵美子、近藤茶、有田あん、長瀬絹也、阿江春果、齊木七海、田中廉、谷芙柚、福永瞭、岡本玲。

「僕が罪を犯したから父親が罰を受けた。」という、丸尾の実体験を元に描かれた本作。舞台版では、“自分の目で観る演劇”ならではの演出で描かれている。舞台奥には巨大な壁。そこに、演者自身が舞台上で実際に照明を動かし、心情が揺れ動く様をリアルタイムで投影していく。

014346_2.jpg

また、衣裳のカラーリングは黒・白・灰色で統一。モノトーンの世界の中、時間と場所が次々と移りゆくその様は、演劇の自由さを体現しているようだ。現代の“お伽話”。その言葉どおり、不安と鬱屈とが積もった「今」に対して、奇しくもよりマッチした作品となっていた。

014346_7.jpg

劇場協力のもと、安全対策にも力が入っており、定期的な換気、消毒システムの完備、そして場内はスタッフだけでなく、観客全員に「マスク着用」をお願いするなど、できる限りの対策を行い、環境を整えている。

014346_5.jpg

014346_9.jpg

OFFICE SHIKA PRODUCE『罪男と罰男』は、3月22日(日)まで大阪・ABCホールにて上演。上演時間は、約1時間45分を予定。

また、本作のDVD化も決定。先行予約受付も開始されている。先行予約をすると、特典として舞台写真ポストカード(非売品)が同封されるとのこと。
詳細:子鹿商店 http://shika564.com/shop

【公式サイト】http://shika564.com/tsumibatsu

014346_13.jpg

014346_18.jpg

014346_4.jpg

(撮影/堀川高志)

この記事の画像一覧

  • 014346.jpg
  • 014346_3.jpg
  • 014346_2.jpg
  • 014346_7.jpg
  • 014346_5.jpg
  • 014346_9.jpg
  • 014346_13.jpg
  • 014346_18.jpg
  • 014346_4.jpg
  • 014346_6.jpg
  • 014346_8.jpg
  • 014346_10.jpg
  • 014346_11.jpg
  • 014346_12.jpg
  • 014346_14.jpg
  • 014346_15.jpg
  • 014346_16.jpg
  • 014346_17.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事