loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

宝塚歌劇団、赤外線サーモグラフィー導入などで対策し公演再開

014268.jpg
画像を全て表示(1件)

宝塚歌劇団の公演が、本日2020年3月9日(月)から再開される。宝塚歌劇団は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、2月29日(土)から公演を中止していたが、公演中止期間中に、劇場内の客席、トイレ、ロビーの手摺や扉などを中心とした重点消毒を行い、劇場入口に赤外線サーモグラフィーが設置する、客席を使った演出を当面取りやめるなど、感染予防に取り組んだ上で公演を実施すると発表した。

3月9日(月)には宝塚歌劇星組 幻想歌舞録『眩耀の谷 ~舞い降りた新星~』、Show Stars『Ray -星の光線-』兵庫・宝塚大劇場公演の千秋楽が行われるほか、10日からは宝塚歌劇雪組の『ONCE UPON A TIME IN AMERICA(ワンス アポン ア タイム イン アメリカ)』公演が再開される。

また、3月9日(月)から3月26日(木)までの宝塚大劇場および東京宝塚劇場公演のキャンセルを希望する方には、チケットの払い戻しを行うという(方法は後日公式サイトで発表)。

宝塚歌劇団が取り組む感染予防対策は、以下のとおり。

・検温のため、劇場入り口に赤外線サーモグラフィーを設置
※検知結果によっては、改めて体温測定し、37.5度以上の場合は入場を断る
・客席内では、換気量を増やすとともに外気取込を通常よりも多くすることで、最大限換気を強化
・宝塚大劇場 喫茶・軽食「ラウンジ」の軽食類の提供を、当面の間、取り止め
・東京宝塚劇場2階喫茶・ラウンジ「Cafe de Repos(カフェ ド ルポ)」、4階売店の一部商品の提供を、当面取りやめ
・劇場内の階段手摺や扉の取っ手などの清掃を強化
・劇場入り口付近ほか各所に消毒液を設置
・劇場従業員のマスク着用
・出演者や劇場従業員は、こまめな手洗い、消毒液による手指の消毒を励行するとともに、毎日検温を実施し、健康管理を行う
・客席を使った演出は当面取りやめ
・宝塚大劇場、東京宝塚劇場におけるブランケットの貸出しを当面の間中止
・長時間にわたり密に集まる行為を避けるため、3月9日(月)から3月26日(木)の当日券の販売を中止
※当日券として売予定の座席券は、宝塚歌劇Webチケットサービスにて事前販売(立見券の販売はなし)

<来場者への協力のお願い>
観劇を控えてほしい方
・体調がすぐれない
・37.5度以上の発熱や咳など風邪の症状がある
・くしゃみや鼻水などにより他のお客様に迷惑をかける可能性がある
・同居家族や職場、学校など身近に新型コロナウイルス感染症の感染者もしくは感染の可能性のある方がいる
・中国および韓国全土、イラン・コム州、テヘラン州及びギーラーン州から日本へ入国後14日間経過していない
こまめな手洗いにご協力を
マスクの着用推奨
※マスクを持っていない方、ハンカチやタオルなどで周りの方への配慮を
劇場周辺で長時間にわたり密に集まる行為を避けるため、出演者の楽屋入待ち、出待ちについては、当面の間控えてほしい

この記事の画像一覧

  • 014268.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事