loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

「桜姫東文章」を原案にルーマニア・シビウで生まれた演劇作品『スカーレット・プリンセス』が日本へ

014200.jpg
画像を全て表示(3件)

鶴屋南北「桜姫東文章」を原案に創作された『スカーレット・プリンセス(原題:The SCARLET PRINCESS)』を2020年5月に東京・松本で上演することが決定した。本作は、ルーマニアのシビウ市で開催されている世界最大級の演劇祭「シビウ国際演劇祭」において、2018年にワールドプレミア上演された作品。演出・上演台本は、ルーマニアを代表する演出家であるシルヴィウ・プルカレーテが手掛ける。

本作は、江戸時代に活躍した歌舞伎の作者である四代目鶴屋南北の『桜姫東文章』をもとに、原作に忠実でありながらも、男女逆転の配役や現代のガジェットを取り入れるなど、海外、特に欧州の視点から観た日本文化のまったく新しい「本歌取」として誕生。

014200_2.jpg

ルーマニアで一年間に上演されたすべての舞台演劇作品の中で優れた作品に授与されるルーマニア演劇賞「UNITER」において、2018年の最優秀作品賞・最優秀主演女優賞・最優秀舞台美術賞など5部門にノミネート、 3部門の最優秀賞を受賞した。2018年のワールドプレミア以降、ベルギーの首都ブリュッセルにも招聘されているが、アジアで上演されるのはこれが初。

上演台本演出を手掛けるプルカレーテは、ルーマニアのシビウ市にある国立ラドゥ・スタンカ劇場製作のレパートリーである『ファウスト』や、 東京芸術劇場製作・佐々木蔵之介主演で高い評価を得た『リチャード3世』など、現代に沿った普遍性をもって古典作品を演出することに長けている。

014200_3.jpg

エディンバラ、 アヴィニヨンに並ぶ規模を誇る「シビウ国際演劇祭」には、世界約70ヶ国の芸術家が参加。日本より数多くの劇団が同演劇祭に参加しており、これまでの演劇界への功績を讃えて贈られる「Sibiu walk of fame」では、日本から故・中村勘三郎、串田和美、野田秀樹らが受賞している。

2020年ラドゥ・スタンカ劇場『スカーレット・プリンセス』日本公演は、以下の日程で上演される。上演言語はルーマニア語、日本語・英語字幕あり。

【東京公演】5月3日(日)~5月5日(火) 東京芸術劇場 プレイハウス
チケット発売:3月1日(日)~

【松本公演】5月9日(土) まつもと市民芸術館
チケット発売:3月14日(土)~

【公式サイト】http://scarlet-princess.com/

この記事の画像一覧

  • 014200.jpg
  • 014200_2.jpg
  • 014200_3.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事