loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

荒牧慶彦、健人が“狂言”に挑戦『能楽男師』第2回公演キービジュアル公開

014197.png
画像を全て表示(2件)

大蔵流狂言師・善竹富太郎の監修のもと、若手俳優が伝統芸能“狂言”の世界を表現し、「能楽」を後世へ伝えるプロジェクト『能楽男師』の第2回公演が、2020年3月15日(日)に行われる。今回は、荒牧慶彦と健人が初参加し、「鴈礫(がんつぶて)」と「附子(ぶず)」の2演目を上演する。

荒牧は「鴈礫」のシテ(主演)大名役と「附子」のアド次郎冠者役、健人は「附子」のシテ(主演)太郎冠者役と「鴈礫」のアド道通り(みちどおり)役を演じる。

014197_2.png

このほか、岩崎孝次と上堂地かんきも出演する。

狂言公演『能楽男師~鴈礫・附子~』は、3月15日 (日)に東京・宝生能楽堂にて上演される。

<タイムスケジュール>
第1部15:00~16:30(14:00開場)
第2部19:00~20:30(18:00開場)
※各回出演者によるお見送り付

【あらすじ】
「鴈礫(がんつぶて)」
狩りに来た大名が鴈を射ようとしたところへ、突如通りかかった道通り(みちどおり)が石礫で鴈を打殺し持ち去ろうとする。
悔しがった大名が、自分が狙い殺したので自分のものだと主張して、男に矢を向けて脅す。
そこへ仲裁人が現れ、大名に、鴈を射ることができたら大名のものとしようと言い、その鴈をもとのところへ置いて射させのだが・・・。

「附子(ぶす)」
外出する主人から「附子(毒)が入っている桶には近づくな」と言われた使用人の太郎冠者(たろうかじゃ)と次郎冠者(じろうかじゃ)だったが、附子のことが気になり桶の中身を覗くと、毒というのはまったくの嘘で、正体は砂糖であった。
二人は奪い合うようにして砂糖を食べつくしてしまい、マズいと思った二人は、主人が大切にしている茶碗と掛け軸を破壊し、 二人で大泣きするのだが・・・。

【公式サイト】https://gaku-dan.com/
【公式Twitter】@nougakudanshi

(C) 2020 ARAMAKI YOSHIHIKO  (C)SPACE CRAFT GROUP. (C)HERO

この記事の画像一覧

  • 014197.png
  • 014197_2.png
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事