loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

凰稀かなめ主演で音楽劇『モンテ・クリスト伯』脚本・演出は西田大輔

014188.jpg
画像を全て表示(1件)

2020年5月に、音楽劇『モンテ・クリスト伯』の上演が決定した。主演を務めるのは凰稀かなめ。脚本・演出は、西田大輔が手掛ける。

日本では「巌窟王」の名称でも知られている、アレクサンドル・デュマ・ペールの小説「モンテ・クリスト伯」。エドモン・ダンテス(モンテ・クリスト伯)による壮大な復讐劇が展開していく同作だが、今回の舞台では、作家デュマが愛した最初の女性カトリーヌの愛憎の果ての復讐劇が“劇中劇”として描かれる。

元宝塚歌劇団宙組トップスターの凰稀は、在団中にタイトルロールのモンテ・クリスト伯を演じていたが、今回はカトリーヌ役と、モンテ・クリスト伯の婚約者だったメルセデス役を演じるとのこと。このほか、伊波杏樹と松浦雅の出演も、合わせて発表された。

モンテ・クリスト伯が裏切りの果てに辿り着く“復讐劇”と、作家デュマの愛した最初の女性カトリーヌが愛憎の果ての復讐劇。二つの物語がシンクロしながら、新たな音楽劇『モンテ・クリスト伯』が誕生する。

音楽劇『モンテ・クリスト伯』は、5月24日(日)から5月31日(日)まで東京・明治座にて上演される。地方公演の予定有り(調整中)。

なお、2月22日(土)12:00から3月2日(月)23:59にかけて、チケットの先行販売が行われる。
受付URL:イープラス https://eplus.jp/monte/

【凰稀かなめ公式サイト】https://kaname-ouki.jp/
【モンテ・クリスト伯公式Twitter】@Monte_Cristo20

この記事の画像一覧

  • 014188.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事