loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

吉田修一の代表作『パレード』馬場良馬、佐藤日向、小西成弥らで上演

014170.jpg
画像を全て表示(1件)

吉田修一の代表作であり、第15回山本周五郎賞を受賞した小説「パレード」。このほど、2010年の映画化、2012年の舞台化を経て、新キャストにて再び上演されることが明かされた。

【あらすじ】
都内の2LDKでルームシェアをする、男女4人の若者達。その”チャット”のような共同生活は、
優しく怠惰に続いていく。そこに男娼のサトルが加わり、小さな波紋が広がり始める・・・。

出演は杉本良介役の馬場良馬、相馬未来役の佐藤日向、小窪サトル役の小西成弥、大垣内琴美役の佐藤七海、伊原直輝役の吉田宗洋。追加キャストは後日発表となる。

脚本・演出は平塚直隆が担当。映画化から10年の今年、舞台ならではの『パレード』が描かれる。

舞台『パレード』は4月15日(水)から4月20日(月)まで東京・CBGKシブゲキ‼にて上演される。

【公式サイト】https://parade-stage.com/
【Twitter】@paradethestage

この記事の画像一覧

  • 014170.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事