loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

前島亜美主演の舞台『バレンタイン・ブルー』が開幕!公開ゲネ&囲み会見レポート

014166.jpg
画像を全て表示(27件)

2020年2月18日(火)に東京・博品館劇場で前島亜美主演の舞台『バレンタイン・ブルー』が開幕。公開ゲネプロと囲み取材が行われ、前島、久保田秀敏、武子直輝、しゅはまはるみが本作の見どころなどを語った。

014166_10.jpg

本作は、若者たちの夢と挫折、友情、恋、そして家族の愛を歌と共に綴るファンタスティックコメディ。Xアベニューという通りにあるカフェ&バー「バレンタイン・ブルー」で繰り広げられるさまざまな客の人間模様などを描いている。出演者15名の内、14名がエイベックスに所属しており、チームワークばっちりな中でほっこりとした爽快感のある作品に仕上がっている。

014166_03.jpg

主演を務める前島は「バレンタイン・ブルー」を営む母を手伝う一人娘で、あることがきっかけで人生の転機を迎えることになる主人公・深水梨子を演じることに。人には言えない悩みを抱えつつ、母のために仕事に励む健気な梨子の姿を素直に、フレッシュに描き出している。劇中では歌う場面もあり、アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」のリーダーとして活躍、『デスノート THE MUSICAL』などで培った歌唱力を存分に発揮していた。

014166_28.jpg

また、「バレンタイン・ブルー」で新しく働き始めるバーテンダー・若林優介役を務めている久保田も色気のある歌声を披露している。若林はクールで理性的ながら子供っぽい顔も併せ持つ男性で、若林が持つある能力が引き金となり物語が動き出していくことになる。すぐに店になじむ物腰柔らかさを持ちつつも、常連客から“エロ家庭教師みたいなんだよな”と評される独特の雰囲気を持つ若林を作り上げている。

014166_12.jpg

そんな若林を「エロ家庭教師みたいなんだよな」と評し、ちょっとした敵対心を見せる、お店の近くにあるコンビニで働く三沢研役を武子が務めている。ユーモアあふれる人柄で、過去に夢を諦めた経験があることから心のどこかで引きづっている一面も見せる役どころ。口悪い時もあるが、持ち前の明るさで店を盛り上げる三沢を武子が愛嬌たっぷりに演じている。

014166_14.jpg

014166_02.jpg

他にも、姉とユニットを組んでアイドル活動をしている杉山緑役を日比美思、緑の姉・杉山葵役を中﨑絵梨奈、バータイムの常連・榊原令子役に出口亜梨沙、バータイムになった頃にお店にやってきて彼氏になぞなぞを出す麗しい女性・秋元繭役を飛鳥凛、繭の彼氏・丹羽章一郎役を行徳智仁、三沢と同じコンビニで働くベトナムからの留学生・ザップ役を會田海心、同じくコンビニ店員・大河内雅男役を近藤廉、梨子の学生時代の後輩でお店の近くのダンス部部長・佐々川景役を髙橋果鈴、ダンス部の後輩役を福田愛依、髙石あかりが務める。

014166_17.jpg

014166_15.jpg

そしてお店の店主で梨子の母・由起恵をしゅはまが、由起恵の夫で梨子の父親である和隆を、唯一エイベックス所属ではない西ノ園達大が貫録たっぷりに演じる。

014166_21.jpg

個性的な登場人物たちがそれぞれ物語を紡ぎ、お店で繋がっていく。観終わる頃には心がほっこりとして、柔らかな笑顔が自然と浮かんでしまうようなあたたかい作品になっている。

014166_24.jpg

囲み会見に登壇した前島は「みんな同じ事務所の仲間だからこそ、稽古期間が(約2週間弱と)短かったんですけど、きっちりと協力し合って支え合ってやっていたなという印象です。初舞台の子もいたりしたんですけど、先輩が色々とアドバイスをしたり、常にあたたかくメリハリのある現場だなと思いました」と稽古を振り返り、「個人的には久保田さんと6年前にドラマで共演したことがありまして、それ以来の久しぶりの再会で共演だったんですけど、後輩で年下なのですごくおこがましいのですが・・・再会した時にものすごいすてきな役者さんになられているんだなと・・・」と久保田の印象についてコメント。

前島は恐縮しながらさらに「本当におこがましいし失礼なんですけど、本当に素晴らしい先輩だなと思いました」と語り、「初めましての皆さんも、真面目で誠実ですてきな方々なんだなと知れたのが良かったなと思いましたし、私もがんばらないとなと背筋が伸びました」と、仲間たちから刺激を受けて作品つくりに臨んでいるようだ。

014166_25.jpg

前島から“素晴らしい先輩”と評された久保田は「ありがとうございます!これはがんばるしかないですね!」とうれしそうに語り、「同じ事務所とはいえ社内で中々顔を合わせることもないですし、一緒にお仕事する機会も中々ない中でこうやって同じチームで公演を打てるという幸せ、それを噛み締めています。僕も30代に入りまして、段々と若い人たちが入ってくる中で、稽古場で刺激になることがあって、もっともっとがんばっていかないと、とい思います。稽古期間が短ったとはいえど、エイベックスのチームとしての一枚岩でしっかりと皆さんにお届けしたいなと思います」とコメントした。

014166_26.jpg

また、武子は「この作品はすごく純粋な会話劇でテンポや掛け合いがすごく緻密に計算されて、自分たちの技量がすごく試されるところなので、そういった部分では稽古初日はすごく緊張しました。顔は知ってるけどどういう芝居をするのか分からない子たちも多くて戸惑いもあったんですけど、蓋を開けてみればすごくすてきなものが詰まってまして、感化され、自分もその中で成長できたのかなと思いました」と仲間と共にすることで自身の成長を実感。

さらに「僕もエイベックス入った時はみんな年上だったので『かわいい、かわいい』って言われていたんですけど、気付いたら上の方に来ちゃっていて・・・面倒を見るわけではないけど、下の子たちと接するのが新鮮というか、『俺、先輩になったんだ』って。でもしゅはまさんとか久保田さんがいるから、甘えられるところに甘えていこうって思える現場でした。前島さんも主役としてリーダーとして、すごく前に出てくれてみんなが付いていける現場だったなと思います」とコメントし、前島を照れさせた。

014166_27.jpg

そんな中、4人の中で一番の“新人”となるしゅはまは「10代の子とかも一緒にやってるんですけど、他の事務所さんやプロデュース公演だったら多分私ものすごく静かにしていたんだと思うんですけど、10代の子たちがいるからキャッキャしていて、すごく明るくて毎日元気をもらえました。でも時々『今、そういう時間じゃないよ』っていう時には同じ事務所なので気遣いなく『ちょっと~』って言えるのが・・・あえて言ったりもしましたが、そういうのが気楽でいいなと、楽しい稽古場でした。元気いっぱいもらいました」と楽しそうに語った。

今作の見どころについて、前島は「全体的に見てとても分かりやすくバトンが繋がれている作品だなと思っていて、舞台を観たことない方にもすごく伝わりやすいと思っています。歌もダンスもありますし、今まで観劇という文化がなかった方にも見てほしいなという気持ちが強くあります」と語り、自身の役についても「カフェにやって来るいろんな人たちの人柄や生き方、夢を追いかける姿を見て感化されていくので、最初から最後までの変化を注目して観ていただければと思います」とアピール。

そして最後に、「エイベックスの役者でつくる作品ということで、この作品だけで終わらず、観てくださった皆さまに一人でも多くの方にエイベックスにこんなに良い役者がいるんだということを知っていただき、今後その役者が出ている作品も応援していただけたらうれしいなと思います。もし、第2弾があるとしたら私たちよりももっと若い子たちも育つようなホームのような場所になればいいなと思うので、まずはこの公演を成功させるために一人でも多くの方に何度でも観ていただける作品になるよう精一杯がんばろうと思います」と前島が熱く語り、会見を締めくくった。

014166_09.jpg

舞台『バレンタイン・ブルー』は2020年2月18日(火)から2月25日(火)まで博品館劇場で上演。上演時間は約1時間55分を予定。

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部3号)

この記事の画像一覧

  • 014166.jpg
  • 014166_10.jpg
  • 014166_03.jpg
  • 014166_28.jpg
  • 014166_12.jpg
  • 014166_14.jpg
  • 014166_02.jpg
  • 014166_17.jpg
  • 014166_15.jpg
  • 014166_21.jpg
  • 014166_24.jpg
  • 014166_25.jpg
  • 014166_26.jpg
  • 014166_27.jpg
  • 014166_09.jpg
  • 014166_04.jpg
  • 014166_05.jpg
  • 014166_06.jpg
  • 014166_07.jpg
  • 014166_08.jpg
  • 014166_11.jpg
  • 014166_16.jpg
  • 014166_18.jpg
  • 014166_19.jpg
  • 014166_20.jpg
  • 014166_22.jpg
  • 014166_23.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事