loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

エン*ゲキ#5『- 4D -imetor』メイン&個人ビジュアル公開

014131.jpg
画像を全て表示(9件)

エン*ゲキシリーズの5作目となる『- 4D -imetor』(フォーディメーター)が生駒里奈・池田純矢のW主演で2020年5月に東京・大阪にて上演されるが、このほどメイン&個人ビジュアルが公開となった。

エン*ゲキ#05『- 4D -imetor』は、四次元世界と超能力を“イリュージョンマジック”で魅せるユニークでエンターテインメント性にあふれた、奇術と謎解きと演劇の融合作品。

いまだかつてない体感型演劇に相応しく、生駒演じる少女ノアの不可思議さと、池田演じる渡来の、とことん謎を追求し続ける冒険心あふれるビジュアルとなった。以下、配役とキャラクター詳細。

014131_02.jpg

◆生駒里奈(ノア役)
ある日、壁面からまるでテレポーテーションのように出現した謎の少女。‬‪粗暴な性格で口が悪いが、人に対する情は深く繊細な一面も。‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬記憶を失っていて、自らのルーツを辿る手がかりを探す為に渡来と手を組む。‬‬‬‬‬‬‬‬‬

◆池田純矢(渡来暦役)
私設研究機関・渡来超能力研究所の所長。‬‪好奇心のかたまりで、興味の対象はとことん追求する性格ゆえに、周囲からはオカルトマニアの変人と噂されている。‬‬‪国立研究所で研究員を務めていたが、行方不明になった兄を探す為に辞職した過去を持つ。‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬

◆玉城裕規(斉木国成役)
超能力としか思えない手口を使い、首相官邸に立て籠もったテロ組織のリーダー。‬その正体は、かつて世間を震撼させた首都同時多発テロの首謀者。‬‬‪自らを「革命軍」と名乗り政府を糾弾していたが、死刑が確定し2年前に執行されたはずだった…。‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬

◆松島庄汰(明智小次郎役)
警視庁刑事部・捜査一課の刑事。‬‪渡来とは幼馴染で学生時代を共に過ごしている。‬‬‪刑事としてのプライドが高く、高圧的な物言いをしてはいるが、本来はお調子者で気の良い人間。‬‬‪捜査の協力を求めて、国立研究所時代から渡来の元を訪れていた。‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬

◆田村心(山田一郎役)
渡来の助手を務めているが、助手とは名ばかりで主な仕事はお茶汲みと運転。‬渡来いわく、何の取り柄もない男。‬‬‪しかし人当たりの良さは一級品で、気がつけば無くてはならないマスコット的な存在に。‬‬‪ツッコミのセンスがキラリと光る。‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬

◆新子景視(No.α役)
国立研究所の最深部、極秘エリアのラボに佇む謎の男。‬‪感情が欠落していて不気味な雰囲気を醸し出している。‬‬‪強力な超能力を操り、事件の真相を追うノアや渡来の前に立ち塞がる。‬‬‪その出自、行動理念は一切不明。‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬

◆阿南健治(真堂歳延役)
量子力学研究の権威で、世界的な数学博士だが、現在は政府機関・国立研究所で教授を務めている。‬‪穏やかで正義感が強く、周囲からの人望も厚い。‬‬‪研究員時代の渡来の元・上司。‬‬‬‬‬‬‬‬‪超能力に関して独自の研究を行なっている。‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬

エン*ゲキ#5『- 4D -imetor』は以下の日程で上演される。

【東京公演】5月8日(金)~5月18日(月) 紀伊國屋ホール
【大阪公演】5月23日(土)~5月24日(日) COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール

【公式サイト】https://enxgeki.com/

この記事の画像一覧

  • 014131.jpg
  • 014131_02.jpg
  • 014131_03.jpg
  • 014131_04.jpg
  • 014131_05.jpg
  • 014131_06.jpg
  • 014131_07.jpg
  • 014131_08.jpg
  • 014131_09.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事