loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

堂本光一「俳優・演出家」としてAERA表紙に初登場

014038.jpg
画像を全て表示(1件)

2020年2月3日(月)発売の「AERA(アエラ)」2月10日増大号の表紙を、主演ミュージカル『SHOCK』シリーズが20周年を迎える堂本光一が飾る。堂本は、2月4日(火)に東京・帝国劇場にて開幕する最新公演『Endless SHOCK 20th Anniversary』に、昨年亡くなったジャニー喜多川氏を「エターナル・プロデューサー」として据え、主演・演出という肩書で臨む。

なお、堂本がアイドルグループ「KinKi Kids」のメンバーとしてではなく「俳優・演出家」としてAERAの表紙を飾るのはこれが初。撮影は公演が行われる帝国劇場で実施され、カメラマンは蜷川実花が務めている。

コラム「表紙の人」では、帝国劇場という空間への思いを語った堂本。また、4ページに渡るグラビア&インタビューでは、ジャニー氏と共に舞台を作ってきた20年や「演出家としての矜持」について語っている。

ジャニー氏の志を継ぐ堂本。「ジャニーさんは勢いを大切にする人。僕はまず脚本作り、土台を固めないと嫌なんです」「自分が面倒を見る子たちに、 演じる時の気持ちのもって行きどころを、 ちゃんと作ってあげたかった」「後輩を育てなきゃとは思っていないんですが、 関わったからにはその人を輝かせたい」など、後輩たちの舞台やライブに向き合い続ける思いを吐露している。

「AERA」2月10日増大号は、2020年2月3日(月)に発売。定価は391円+税。

『Endless SHOCK』
  • 公演:
  • キャスト:堂本光一、上田竜也、越岡裕貴、松崎祐介、寺西拓人、高田翔、椿泰我、松井奏、石川直、梅田彩佳、前田美波里、ほか
「チケットぴあ」で予約・購入

この記事の画像一覧

  • 014038.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事