loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

『茜さすセカイでキミと詠う』舞台化!脚本は喜多村太綱、演出は原田光規

013906.jpg
画像を全て表示(1件)

大人気スマートフォンアプリ『茜さすセカイでキミと詠う』の舞台化が決定。2020年4月20日に3周年を迎えるタイミングでの舞台化となる。

本ゲームは、太陽が昇らなくなった異世界を舞台に、「太陽の巫女」である主人公が高杉晋作など日本の偉人と同じ名を持つ「ツクヨミ男子」たちと、太陽を取り戻す旅に向かう「和風ファンタジー×恋愛」パズルRPG。

脚本を喜多村太綱、演出を原田光規、音楽を印南俊太朗が担当する。

【あらすじ】
ある日、貴女は異世界へと導かれる。
降り立った世界の名は、日ノ許<ヒノモト>――

そこは、日本の偉人と同じ名を持つツクヨミ男子達が暮らすパラレルワールドだった。

かつて日ノ許には、太陽が様々な恵みを与えていたが、
今では太陽が昇らなくなり、空は朝も昼も茜色に染まっている・・・。

そんな中、突如現れた式神<シキガミ>により、多くの人々が神隠しに遭い、姿を消していた。

貴女が日ノ許へと導かれた理由――
それは、日ノ許を救うため。

自分を信じ、仲間を信じて――
美しい世界に、太陽を取り戻す旅が始まる。

この茜さす世界で、君と・・・。

饗宴『茜さすセカイでキミと詠う~絆~』は4月29日(水・祝)から5月6日(水・祝)まで東京・CBGKシブゲキ!!にて上演される。

【公式サイト】http://eigeki.jp/akaseka/
【ツイッター】https://twitter.com/akaseka_stage

(C)GCREST, Inc. (C)饗宴「茜さすセカイでキミと詠う~絆~」製作委員会

この記事の画像一覧

  • 013906.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事