loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

『ウォルト・ディズニー・アーカイブスコンサート』案内人の稲垣吾郎「夢のような時間を」

013903.jpg
画像を全て表示(5件)

2020年1月16日(木)千葉・舞浜アンフィシアターにて『ウォルト・ディズニー・アーカイブスコンサート』が開幕した。本コンサートは、約1世紀にわたるディズニーの貴重な資料を所蔵するウォルト・ディズニー・アーカイブスの全面協力のもと、案内人(ナビゲーター)に稲垣吾郎、音楽監督・ピアノ演奏に島健を迎え、ウォルトの描いた夢の数々を、初公開を含む映像、資料とともに贈る世界初のコンサート。

開幕直前には会見が開かれ、稲垣が黒のスーツに金のネックレス姿で登場。「改めてウォルトさんの偉大さとともに、彼が”キング オブ エンタメ”であると感じたコンサートです」とウォルト・ディズニーへの畏敬の念を語った。

稲垣吾郎

続けて「アーカイブスコンサートということで、今まで見ることができなかった秘蔵映像をはじめ、ウォルトさんの軌跡を辿ることができますし、子どもから大人まで楽しめるものになっていると思います」と本コンサートの見どころを解説。

「島さん率いるバンドも素晴らしですし、僕が一番の特等席で聞くことができるので、こんなに贅沢なことはないな、と思います(笑)」と笑顔を見せた。

稲垣吾郎

会見では東京公演の満員御礼を記念し、ウォルト・ディズニー・アーカイブス所有1930年代の貴重な楽譜が、ディレクターであるベッキー・クラインから記念品として贈られた。これに稲垣は「Instagramを始めたので、発信して、世界の皆様に自慢します!」と胸を張ってオリジナル楽譜を会場に見せた。

会見の最後には「ウォルトは、当時の人々だけでなく、未来に生きる我々にその思いを伝えてくれようとしていたということを、リハーサルを通してすごく感じました。彼が亡くなっても夢は消して終わることがなく、このように永遠に語り継がれる。そして、自分がその一人になれて光栄です。お客様と共に、楽しくて夢のような時間を過ごしたいと思います」と締めくくった。

『ウォルト・ディズニー・アーカイブスコンサート』

『ウォルト・ディズニー・アーカイブスコンサート』

コンサートでは、美しい音楽と共に、アニメーションや原画などの映像が大きく映し出された。稲垣は、ウォルト・ディズニーの軌跡を丁寧に、時折笑いを取りつつ語っていく。贅沢なその空間に、会場からは感嘆の声があちこちからあがっていた。

『ウォルト・ディズニー・アーカイブスコンサート』は以下の日程で上演。

【東京公演】1月16日(木)・1月17日(金) 舞浜アンフィシアター
【兵庫公演】1月21日(火)・1月22日(水) 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
【名古屋公演】1月28日(火) 愛知県芸術劇場大ホール

【公式サイト】https://www.disney.co.jp/eventlive/archives-concert.html

この記事の画像一覧

  • 013903.jpg
  • 稲垣吾郎
  • 013903_03.jpg
  • 013903_04.jpg
  • 013903_05.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事