loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

ジャンフェス「僕のヒーローアカデミア」The “Ultra” Stageネルケブースレポート!2020年のヒロステもプルスウルトラ精神で

013872.jpg
画像を全て表示(11件)

2019年12月21日(土)・12月22日(日)に、千葉・幕張メッセ 国際展示場にて開催された「ジャンプフェスタ2020」。ネルケプランニングブースでは、ミュージカル『テニスの王子様』、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」、舞台「鬼滅の刃」、「僕のヒーローアカデミア」The “Ultra” Stage、「銀牙-流れ星 銀-」~絆編~、以上5タイトルのトークステージと和田俊輔 Sound Tracks Live!!が行われた。

本記事では、その中から12月22日(日)に行われた「僕のヒーローアカデミア」The “Ultra” Stage(ヒロステ)トークステージの模様をレポートする。この回は、小林亮太(爆豪勝己役)、北村 諒(轟 焦凍役)、岩永洋昭(オールマイト役)の3名が登壇。MCの鎌苅健太のもと作品を振り返った。

013872_9.jpg

昨年もこのトークステージに登場した小林と岩永。しかもその場が記者会見を兼ねていたため、小林はものすごく緊張していたという。そんな思い出を語りながら、「今年は楽しめます!」とにっこり。一方、登壇も来場も初めての北村は「この雰囲気だけでお腹いっぱいです(笑)」と、熱気に満ちた会場の雰囲気に圧倒されている様子だった。

013872_8.jpg

トークの前には、主人公・緑谷出久役の田村 心からのビデオメッセージも紹介された。「ジャンフェス」と胸元に書かれたTシャツを着用した田村は、映像の中で「自分がジャンプ連載作品の主人公をやらせていただけるなんて思っていませんでした・・・。そして先日発表されました新作公演『本物の英雄(ヒーロー)』!稽古の段階からやりたいと言っていたので楽しみですし、(会場にいる)3人とまた共演できることも嬉しいです。劇場でお会いしましょう!」と熱いコメントを寄せ、開始早々場を温めた。小林は、ほぼ毎日田村と連絡を取っているそうで、「本当は直接会場に来たがっていたんですよ」と明かした。

013872_7.jpg

まず、行われたのはヒロステの映像を見ながらトークするコメンタリー上映。と、ここでスペシャルゲストとして、上鳴電気役の佐藤祐吾が登場。佐藤は舞台『鬼滅の刃』のトークステージに登壇しており、急遽こちらにも出られることになったそうだ。嬉しいサプライズに、一同大喜び。

揃ったところで、いざコメンタリー上映へ。まず流れてきたのは、オープニングから公演タイトルが出るまでのシーン。小林からは「いつも始まる前にみんなで握手していたね」と、早速胸が熱くなるバックステージのエピソードが飛び出した。岩永からは「日によってスモークの量が違ったよね。今日は濃いな!とか思ってた(笑)」と演者らしい視点。MCの鎌苅が、観客代表として「出てきた!って鳥肌が立ちますね」と言うと、北村も「シルエットがめちゃくちゃかっこいい!と思いました。映像で観るまで、僕らにはどう見えているのか分からないので」と自分たちの姿を振り返った。

013872_2.jpg

デクと爆豪の中学時代のシーンでは、「学生時代に着ていた制服は?」という話題に。北村が「学ランに憧れがある」と語ったのをきっかけに、岩永もそれに同調した。ちなみに岩永はブレザー、小林は学ラン、佐藤はブレザーだったそう。

デクがオールマイトに「君はヒーローになれる」と告げられるシーンでは、「泣ける」「見入っちゃう・・・」と口々に呟いていた面々。北村は「あの瞬間は、裏でも気持ちが引き締まりました」と明かしてくれた。また、この一連のシーンでは、稽古場から田村が号泣していたことも話題に登り、役に込める情熱が感じられた。

013872_6.jpg

稽古は田村と小林を軸に進んでいたそうで、北村は「二人が全体を巻き込んでる感じ」と回想する。小林自身は「(田村とは)役者としては仲が良いんですが、役としてはライバルなので。いろんな面でお互いを高め合っていける感じがあって、嬉しかったです」と田村との関係を語った。

013872_10.jpg

コメンタリー上映を終えると、小林は「DVDは見ていましたが、こういう場所で見られるのは感慨深いですね・・・」としみじみ。佐藤は「原作の重要なシーンがたくさん盛り込まれていて、改めて家でじっくり見てみたいです」と語った。岩永は、CSで放送されたものも録画して観たそうで、「3歳の娘がハマって、一緒に100回くらい見ました」とかわいらしいエピソードを披露。娘さんは、歌やダンスも覚えているとか。

013872_4.jpg

続いては、続編として上演が決定した「本物の英雄(ヒーロー)」への意気込みが語られた。小林は「新たなキャストも増え、よりパワーアップしたヒロステをお届けできると思います。かっちゃんとしても、デクとの関係性をより深く描けたらいいです」と胸を張る。北村は「プロヒーローも増えて、さらに作品に厚みが出ます。個人的には、ヒーローコスチュームが変わったのが嬉しくて。早く着て動きたいです」と、ブースに展示されていた新しいヒーローコスチュームについても触れた。

佐藤は「新しくA組の3人(耳郎響香/演:川上明莉、瀬呂範太/演:池田 慎、芦戸三奈/演:永利優妃)が加わるのが本当に嬉しいです!これから稽古がどうなるか僕たちにもまだ分かりませんが、楽しみにしてください」とアピール。岩永も「今回は飯田(飯田天哉/演:猪野広樹)の物語など個人が動き出すストーリーが随所にあるので、僕ら自身も、ヒロステとしても真価が問われるんじゃないかと思います。みんなで力を合わせて前回よりいいものにしたいです」と力強く前を見据えた。

013872_11.jpg

また、この日は2020年7月に開催が発表されたばかりの「僕のヒーローアカデミア」The “Ultra” Liveの公式略称を考えよう!という企画も行われた。会場では「ララライブ」(北村)、「僕フェス」(岩永)、「雄音祭」(小林)とキャストがそれぞれ提案。田村からも「ヒロフェス」の案が挙がっていたが、会場のこの日の一番人気があったのは小林の案「雄音祭」。この略称は現在も募集中。Twitterでハッシュタグ「#ヒロステ初のライブ公式略称を考えよう」をつけてツイートすると、もしかしたらあなたの案が採用されるかも。

013872_5.jpg

最後は、手持ちのカメラでキャストの写真を撮影できる時間もあり、会場は大いに盛り上がった。2020年は新作公演、ライブ、さらに初演の楽曲をまとめたCDの発売も決定しているヒロステ。小林は「『僕のヒーローアカデミア』は、それぞれが成長していく物語だと思っています。僕ら役者自信も成長して“Plus Ultra(プルスウルトラ)”の精神で上を目指していきますので、応援お願いします!」と締めくくった。

013872_3.jpg

「僕のヒーローアカデミア」The “Ultra” Stage 本物の英雄(ヒーロー)は、以下の日程で上演される。

【東京公演】2020年3月6日(金)~3月22日(日) 品川プリンスホテル ステラボール
【大阪公演】2020年3月27日(金)~4月5日(日) 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

【公式サイト】https://heroaca-stage.com/
【公式Twitter】@heroaca_stage

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部 4号)

この記事の画像一覧

  • 013872.jpg
  • 013872_9.jpg
  • 013872_8.jpg
  • 013872_7.jpg
  • 013872_2.jpg
  • 013872_6.jpg
  • 013872_10.jpg
  • 013872_4.jpg
  • 013872_11.jpg
  • 013872_5.jpg
  • 013872_3.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事