loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

大森南朋、長澤まさみら出演舞台『神の子』が2020年3月にWOWOWで放送決定

013818.jpg
画像を全て表示(1件)

2019年12月30日(月)に東京公演の千秋楽を迎えたコムレイドプロデュース『神の子』が2020年3月にWOWOWで放送されることが決まった。本作は、2016年2月に上演された『同じ夢』以来、約4年ぶりの上演となる田中哲司、大森南朋、赤堀雅秋による演劇ユニット公演。3名のほか、長澤まさみ、でんでん、江口のりこ、石橋静河、永岡佑、川畑和雄、飯田あさとが出演している。

赤堀いわく、「ヤクザだろうが、子どもだろうが、警察だろうが、老人だろうが、女子高生だろうが、皆等しく“神の子”、という意味からタイトルを付けました」という本作。にじみ出る暴力性や悲哀が観ている人たちの心を打ち、そんな“何もない状態”の中で生きる人間のさまを克明に描く赤堀ワールドが展開されている

【あらすじ】
路上で警備員として働く独身で貧乏な3人の男たち、池田守(大森)、五十嵐健(田中)、土井春彦(でんでん)。3人はいつもそろってなじみのスナックに行き、日曜にはパチンコに通うという毎日を過ごしていた。目的も展望もない生活にウンザリしつつも、抜け出すほどのヤル気はなく、漠然とした不安の中で日々をやり過ごしていた。
そんなある日、池田は田畑美咲(長澤)、斎藤真理子(石橋)という若くてきれいな2人の女性と出会う。彼女たちの誘いを受け、池田は街頭でのゴミ拾いボランティアに参加することになり、あきれるほど単調な日常の中に小さな変化が兆す。田畑との出会いに、池田はほのかな夢を見るのだが・・・。

コムレイドプロデュース『神の子』は下記の日程で上演される。

【東京公演】2019年12月15日(日)~12月30日(月) 本多劇場
【名古屋公演】2020年1月7日(火)~1月9日(木) ウインクあいち
【福岡公演】2020年1月13日(月・祝) 福岡国際会議場 メインホール
【広島公演】2020年1月16日(木) JMSアステールプラザ 大ホール(アステールプラザ芸術劇場シリーズ)
【大阪公演】2020年1月18日(土)・1月19日(日) サンケイホールブリーゼ
【長野公演】2020年1月23日(木) サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター)大ホール
【静岡公演】2020年1月25日(土)・1月26日(日) 浜松市浜北文化センター 大ホール

【公式サイト】https://www.comrade.jpn.com/kaminoko/
【公式Twitter】@comrade5

この記事の画像一覧

  • 013818.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事