loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

キューブ若手俳優陣とファンが年末に大盛り上がり!令和初のC.I.A.『SUPER LIVE 2019』レポート

013815.jpg
画像を全て表示(20件)

2019年の年の瀬も迫る12月27日(金)、東京・品川インターシティホールで年に一度のC.I.A.presents『SUPER LIVE 2019』が開幕した。C.I.A.(Cube Infinity Artists)とは、芸能プロダクション・キューブの多彩な若手俳優が集う、合同サポーターズクラブのこと。ファンの熱い声援でスタートを切った、熱い初日のオフィシャルレポートとお届けする。

013815_2.jpg

オープニングでは「メンバーの中に裏切り者が潜伏している」という情報を得た阿久津仁愛、井阪郁巳、岩橋大が映像で登場。今回、スケジュールの都合で出演できなかった面々が映像で参加し、会場を盛り上げる。それを受けて、激しいビートと共にC.I.A.メンバーが登場。今回初披露となるメンバーの自己紹介曲で、華々しくライブをスタートさせた。

013815_4.jpg

トップバッターとして登場したのは、川原一馬、冨森ジャスティン、金井成大のユニット「□ シカク」。ビートの効いたラップ&ボーカルナンバー「PEEKABOO」、アップテンポでエモーショナルな新曲「Realize」とオリジナル曲を畳み掛け、会場には一気に熱気が満ちた。

013815_6.jpg

続いて、川原一馬と永田崇人のユニット「アイラッシュ」による、オリジナル曲「TRY」。アコースティックギターのビートと二人のデュエットのハーモニーが心地よい。そのまま永田のソロへ。新曲「愛を確かめるキスをしようぜ・・・」、そして「最後はなんて言えばいい」とオリジナル曲2曲を披露。バックダンサーを従え生き生きと歌い踊る姿に、永田のハイトーンボーカルが映える。

013815_7.jpg

次に金井成大が登場。昨年のSUPER LIVEでは、他のパフォーマンスと一線を画し観客を一気に“成大ワールド”に引き込んだ金井。今年は、金井自身インタビューなどでも「世界を狙う」と予告していたが、そのプロジェクトが全貌を表す瞬間を迎えた。金井は“フランスで一番有名な日本人”とも言われている「レ・ロマネスク」のTOBIに、新曲の書き下ろしと振付を依頼。異色のコラボが実現した。新曲「君がちょっと好き」を、不可思議な色気を振りまきながら歌唱する姿に、客席からは悲鳴に近い歓声、そして爆笑が起きていた。

013815_8.jpg

続くステージは、加藤諒のダンスパフォーマンス曲「眉毛太い」。加藤のキレッキレで表情豊かなダンスは健在だ。続いて永田、中谷優心のユニット「NAGATANI」が登場。オリジナル曲「寝不足」、そして今回初披露の「LOSER」を披露。中谷のアコースティックギター1本の演奏と二人の歌声がクリアに響く。両曲とも、作曲を中谷、作詞を永田が担当している。変わって坂口涼太郎と菊池銀河が登場。坂口のピアノ、そして菊池のギターでオリジナル曲「秘密の夜」を弾き語りで歌唱した。感傷的なメロディが胸に沁みる曲。伸びのよい二人のボーカルが会場を包む。作詞を坂口と菊池、作曲を坂口が担当した。

013815_19.jpg

続いて、白洲迅が一人、アコーティックギターを持って登場。昨年に続いての弾き語りだ。白洲が出演したドラマのエンディング曲を歌唱。演じた役の気持が投影された切ないバラード。白洲の伸びのある甘い歌声が、ドラマのシーンを思い起こさせる。

013815_10.jpg

ここからは、また雰囲気が一変し、川原、冨森、金井、永田、中谷、そして神田聖司という同じ演劇作品に新旧キャストとして出演しているメンバーが集結。勢いのあるラップナンバーを歌唱した。この曲はその作品で音楽を担当した和田俊輔が彼らのために、今回書き下ろしし、同じく同作品で彼らと共演した後藤健流が振付を担当するという、ファンにはたまらない仕上がり。畳み掛けるビートに、客席からは大きな歓声が起きた。

013815_11.jpg

そのまま、神田、林勇輝、安田啓人、によるユニット「kawa」、安田と市川理矩のユニット「Twi20Twi」によるカバー曲の歌唱が続く。そして、坂口、菊池、中谷、中田凌多によるミュージカルナンバー「Seasons of love」も披露された。4名の重層的なハーモニーは圧巻で、俳優たちのポテンシャルが感じられた。

013815_12.jpg

ライブ中盤では、今年夏に発表され先日MVもweb公開されたC.I.A.のオリジナル新曲「ドドドどんまい!」を全員でパフォーマンス。同事務所のミュージシャン原田茂幸が作詞作曲した、アップテンポで優しい歌詞の親しみやすいナンバーに、会場は一体となり盛り上がった。

013815_13.jpg

ライブ後半に突入すると、さらに勢いは加速していく。オリジナル曲、カバー曲の歌、ダンス、コント、トークと、盛りだくさんの構成だ。昨年のSUPER LIVEに参加した人にとっては「待ってました!」という“あのネタ”や“あのキャラクター”も登場し、さらにグレードアップしていた。

013815_14.jpg

C.I.A.の1st.オリジナルソング「お揃いの1日」(作詞・作曲:にゃんぞぬデシ)のイントロがかかった瞬間には、一際大きな歓声が沸いた。すっかりこの曲がファンとの約束の曲になっていると感じられた。

C.I.A.は、グループではなく、通常はそれぞれのフィールドで活動する俳優同士。その彼らが、日々のスケジュールの傍に集い、これだけ団結力を持ったステージを創り上げた。演出担当の川原を筆頭にひとかたならぬメンバー達の熱意と“ファンを喜ばせたい”という強い思いがあったに違いない。それがしっかり届くパフォーマンスだった。

013815_17.jpg

ライブ後半のMCで白洲が「もう聞かなくても分かるくらい、楽しんでもらえてると僕は感じます。いかがですか?」と会場に声をかけると大歓声と拍手。客席とステージが、お互い一体感を共有しているようだった。ファンにとって色々あった1年を癒してくれるような、イベントになったに違いない。

C.I.A.では、来年2020年1月13日(月・祝)に同・品川インターシティーホールにて新春イベントを行う。トークやSUPER LIVEの振り返り企画などもあるとのことで、新春からファンとの楽しい交流を予定している。詳細は、公式サイトにてご確認を。

◆C.I.A.presents『SUPER LIVE 2019』
2019年12月27日(金)19:00開演
2019年12月28日(土)13:30開演/17:30開演
2019年12月29日(日)13:30開演/17:30開演
品川インターシティホール

【出演者】
白洲迅、加藤諒、木戸邑弥(29日のみ)、川原一馬、冨森ジャスティン、金井成大、永田崇人、坂口涼太郎、花塚廉太郎、中谷優心、市川理矩、村上貴亮(29日のみ)、菊池銀河、神田聖司、林勇輝、安田啓人、木村風太(29日のみ)、中田凌多
阿久津仁愛(映像出演)、井阪郁巳(映像出演)、岩橋大(映像出演)

◆C.I.A. presents『NEW YEAR EVENT 2020』
2020年1月13日(月・祝)14:00開演/17:30開演
品川インターシティホール

【出演者】
加藤諒、木戸邑弥、川原一馬、冨森ジャスティン、金井成大、永田崇人、井阪郁巳、阿久津仁愛、坂口涼太郎、花塚廉太郎、中谷優心、市川理矩、村上貴亮、菊池銀河、神田聖司、林勇輝、安田啓人、渋谷龍生、中田凌多
※出演者は変更になる可能性あり

【C.I.A.公式サイト】http://cia.cubeinc.co.jp/

(文・取材/オフィシャル提供、撮影/桜井隆幸) 

この記事の画像一覧

  • 013815.jpg
  • 013815_2.jpg
  • 013815_4.jpg
  • 013815_6.jpg
  • 013815_7.jpg
  • 013815_8.jpg
  • 013815_19.jpg
  • 013815_10.jpg
  • 013815_11.jpg
  • 013815_12.jpg
  • 013815_13.jpg
  • 013815_14.jpg
  • 013815_17.jpg
  • 013815_3.jpg
  • 013815_5.jpg
  • 013815_9.jpg
  • 013815_15.jpg
  • 013815_16.jpg
  • 013815_18.jpg
  • 013815_20.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事