loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

舞台『文豪とアルケミスト』主題歌「白き美しき世界へ」再びROUが担当

013778.jpg
画像を全て表示(1件)

2019年12月27日(金)より上演される舞台『文豪とアルケミスト 異端者ノ円舞(ワルツ)』の主題歌情報が公開された。

舞台第2弾は「白き美しき世界へ」と題し、初演に引き続き、シンガーソングライターROU(ロウ)がボーカルを担当。演出・吉谷光太郎が物語の主軸となる白樺派をイメージし、彼らの葛藤や思いを込めて歌詞を書き下ろした。本曲は劇中オープニングにも使用されるとのこと。

舞台『文豪とアルケミスト 異端者ノ円舞(ワルツ)』は以下の日程で上演される。

【大阪公演】12月27日(金)~12月29日(日) 森ノ宮ピロティホール
【東京公演】2020年1月8日(水)~1月13日(月・祝) 品川ステラボール

【公式サイト】http://bunal-butai.com/
【公式Twitter】@bunal_butai

(C)DMM GAMES / 舞台「文豪とアルケミスト」製作委員会

この記事の画像一覧

  • 013778.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事