loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

『PERSONA5 the Stage』大阪公演を終え猪野広樹「東京にいい雰囲気を持ってこられた」

013758.jpg
画像を全て表示(12件)

大阪公演を終え、2019年12月19日(木)に東京・天王洲 銀河劇場にて『PERSONA5 the Stage』の東京公演がスタートした。本作は、株式会社アトラスによる人気ゲームの舞台化作品。現代日本を舞台に「ペルソナ能力」(心のなかに眠る別人格が、伝来の神や悪魔の姿となって出現した特殊能力)に目覚めた高校生たちが、仲間と協力し合いながら困難に立ち向かう姿を描く。東京公演前に行われた囲み会見には、猪野広樹、塩田康平、御寺ゆき、佐々木喜英、高木俊が登壇した。

以下、5名の初日コメントを紹介。

013758_2.jpg

◆猪野広樹(主人公役)
大阪公演を経て、東京公演にいい雰囲気を持ってこられたと思います。エンターテインメントではありますが、演出の西森英行さんが、地に足がついたお芝居も楽しんでもらいたいということで、それをしっかりと意識してやっていきたいと思います。
大人に対して反逆の意思を持ったキャラクターたちが、どういう思いを抱えていて、それがどう爆発していくのかを大切に演じておりますので観ていただけたらと思います。
稽古・本番ともに、誰一人妥協することなくここまでやってきて、いい座組みになったので、このチームワークでやっていきたいと思います。最後まで応援のほど、よろしくお願いします!

013758_8.jpg

◆塩田康平(坂本竜司役)
主人公が「覚醒」するシーンで、竜司が影響を与えているように、僕が他のメンバーに影響を与え続けて、そしてそれがお客様にも伝わっていい広がりになるようにがんばります。
原作ゲームでは”コープランクが上がる”というのですが、役同士の関係が深まるシーンに注目していただけると「あ!今この2人のコープが上がった!」というのが見えてくるので、そこも見どころです。
また、本編中で「怪盗お願いチャンネル」という怪盗を応援するサイトが出てくるんですが、お客様がそこに書き込みをして応援したくなるような舞台にしたいと思います。

013758_3.jpg

◆御寺ゆき(高巻杏役)
最後まで集中力を切らさず、毎公演にすべてのエネルギーをかけていくというところと、高巻杏ちゃんを御寺ゆきが演じて良かったなって思ってもらえるようにがんばっていきたいと思います。
戦闘中、武器で鞭を振るシーンがあって、他のキャラクターとは異なる戦闘なので、そこに注目してもらえたら。そして、鴨志田先生や、志帆とのシーンも大事に作り上げてきましたのでぜひ観てほしいです!
千秋楽まで突っ走って行きますので、ぜひ皆さん楽しみにしていてください。よろしくお願いいたします。

013758_9.jpg

◆佐々木喜英(明智吾郎役)
今作では、明智吾郎はまだベールに包まれてた存在なので、僕は影から怪盗団の活躍を見守っていますが、その中でも何か次に繋がるような爪あとを残していきたいと思っています。
原作ゲームの作曲も担当している喜多條敦志さん(アトラス)が、舞台のために6曲作ってくださいました。その中の2曲を歌わせてもらっていますが、久しぶりに舞台で歌えることをとても楽しみに思っています。魂のこもった歌をぜひ聴いてほしいです。
原作のストーリーもまだまだ先がありますので、この舞台が大きくなって続いてほしいなと思います。そのためには皆さんの応援が必要なので、末永くこの舞台を応援してもらえたら嬉しいです。

013758_11.jpg

◆高木俊(鴨志田卓役)
『PERSONA5 the Stage』の第1弾ということで、「覚醒」シーンなど、稽古の段階から難しいことが多かったのですが、ここまで積み重ねてきたものを次につなげられるようにがんばってきました。大阪公演も終わって噂に聞いているかもしれないんですけれども・・・脱ぎます(笑)。本番までに体脂肪を8%まで落として肉体も役作りとしてがんばってきました。熱演をぜひ観ていただきたいです。悪役ですが、皆さんで一緒に鴨志田パレスを盛り上げていきましょう!

013758_10.jpg

013758_12.jpg

このほか、喜多川祐介役として小南光司、新島冴役として茉莉邑薫、三島由輝役として糠信泰州、鈴井志帆役として早乙女ゆう、校長訳として山岸拓生、斑目一流斎役として高松潤らが出演。また、ゲーム&アニメでもモルガナ役を務めている大谷育江が声の出演を果たしている。

013758_14.jpg

【あらすじ】
ある日、酔った男にからまれた女性を助けようとした主人公は、傷害事件の濡れ衣を着せられて逮捕され、保護観察処分となる。居場所を失くした彼は、住み慣れた土地を離れて、東京のとある男性のもとに居候することになった。

転入生として、秀尽学園高校に登校する初日、彼は同じ秀尽学園に通う坂本竜司と共に、巨大な城がそびえる不思議な世界へと迷い込む。そこは、人の歪んだ欲望が作り出す<パレス>と呼ばれる場所――。

<パレス>の中、主人公と竜司は追い詰められ、絶体絶命の危機に。主人公はどこからか聞こえてきた声に導かれ「契約」を結び、自らの「反逆の意志」の表れである、ペルソナを手に入れる。

仲間を守りたい一心で暴行事件を起こし、高校で居場所を失くしていた竜司。主人公と竜司は、札付きの二人組として、校内中から目を付けられ避けられる。やがて彼らは、鴨志田卓が、陰で執拗な体罰で生徒たちを苦しめている事実を知る。

再び入り込んだ鴨志田の<パレス>で、竜司はペルソナに覚醒。同じように鴨志田に苦しめられる女子生徒、高巻杏も、鴨志田への怒りと共に、ペルソナを得る。そんな矢先、学園内で「ある事件」が起こる。その奥に鴨志田の悪事があったことを知る主人公たち。そして、真実を知った彼らは、退学の危機に・・・。

主人公、竜司、杏の3人は<パレス>で出会った謎の猫・モルガナに導かれ、退学を撤回させるため、そして鴨志田を「改心」させるため、「怪盗」となり再び<パレス>へと乗り込んでいく・・・。

013758_15.jpg

013758_13.jpg

『PERSONA5 the Stage』は、以下の日程で上演。上演時間は、2時間45分(途中休憩10分)を予定。

【大阪公演】2019年12月13日(金)~12月15日(日) 大阪メルパルクホール ※終了
【東京公演】2019年12月19日(木)~12月29日(日) 天王洲 銀河劇場

なお、大千秋楽公演では、全国の映画館でライブビューイングが開催されるほか、2020年4月1日(水)には本作のBlu-ray&DVDの発売が予定されている。詳細は、以下のとおり。

◆『PERSONA5 the Stage』ライブビューイング
【日時】2019年12月29日(日)17:00上映開始
【会場】全国各地の映画館
https://liveviewing.jp/p5stage/
【料金】3,800円(税込/全席指定)
【一般発売(先着)】2019年12月22日(日)12:00~12月26日(木)12:00
取扱:ローソンチケット https://l-tike.com/p5-lv
【詳細】https://liveviewing.jp/p5stage/

◆『PERSONA5 the Stage』Blu-ray&DVD
【発売日】2020年4月1日(水)
【価格】Blu-ray:9,800円+税、DVD:8,800円+税
【仕様】2枚組
【封入特典】ブックレット(カラー)
【収録映像】本編、特典映像(メイキング映像:稽古場、バックステージなど) ※予定
※特典内容・商品仕様は予告なく変更になる場合あり
【会場限定予約特典】Blu-ray&DVD発売記念イベント参加申込券

【公式サイト】https://p5-the-stage.jp/
【公式Twitter】@p5_the_stage

013758_16.jpg

※高木俊の「高」は「はしごだか」が正式表記

(C)ATLUS ©SEGA ©SEGA/PERSONA5 the Stage Project

『PERSONA5 the Stage』

アトラスの大人気ジュブナイルRPG「ペルソナ」シリーズ最新作『ペルソナ5』が待望の舞台化!

  • 公演:
  • キャスト:猪野広樹、塩田康平、御寺ゆき、佐々木喜英、小南光司、茉莉邑薫、糠信泰州、早乙女ゆう、山岸拓生、高松潤、高木俊、ほか
「チケットぴあ」で予約・購入

この記事の画像一覧

  • 013758.jpg
  • 013758_2.jpg
  • 013758_8.jpg
  • 013758_3.jpg
  • 013758_9.jpg
  • 013758_11.jpg
  • 013758_10.jpg
  • 013758_12.jpg
  • 013758_14.jpg
  • 013758_15.jpg
  • 013758_13.jpg
  • 013758_16.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事