loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

12月21日放送!ミュージカル『怪人と探偵』中川晃教「和樹マンじゃないとできないポテンシャル」

013733.jpg
画像を全て表示(7件)

2019年9月に上演された、怪人二十面相と明智小五郎の華麗なる対決を描いた新作ミュージカル『怪人と探偵』が12月21日(土)にWOWOWにて放送される。

【関連記事】中川晃教と加藤和樹が“愛”をめぐり対峙する!新作ミュージカル『怪人と探偵』公開ゲネプロ&囲み会見

本作は二十面相と明智がひとりの女性との関係からそれぞれが抱える過去に触れながら心理戦を展開し、彼らの生きざまを浮き彫りにするドラマティックな舞台。

013733_02.jpg

出演は、唯一無二の歌声で観客を魅了する中川晃教、そして数々の舞台で主演を務めている加藤和樹。さらに『メタルマクベス』disc2などの次世代のミュージカル界の歌姫・大原櫻子がヒロイン役を務める。

作・作詞・楽曲プロデュースは、ミュージカル作品でも活躍する作詞家の森雪之丞。演出は数多くの話題作を世に送っている白井晃。また、世界を舞台に活躍する東京スカパラダイスオーケストラがテーマ音楽を書き下ろした。

013733.jpg

二十面相を演じる中川は「稽古中に雪之丞さんから、明智はごく一般的な人間であって、愛を知って成長していくすごく優しい人間。一方、二十面相はロックスターのように愛というものはこういうものなんだっていうことを皆に解いていくと伺って。役に対して自分たちなりの見解を持ちながら、和樹マンじゃないとできないポテンシャル、自分じゃないとできないポテンシャル、そこが今回の役作りの中でマストだったんだなって」とコメントした。

013733.jpg

明智を演じる加藤は「『怪人と探偵』って謎解きものだと思われがちじゃないですか。でもそうではなくて、二十面相が愛を知って、その愛をめぐる三角関係や人の心の部分が凄く描かれている。探偵団との関係性、二十面相との対比関係、明智の心情は、芝居より歌の中で説明されていることが多いので、伝える難しさに悩みました」と語った。

この二人へのインタビューは、舞台本編と一緒にWOWOWにて放送される。

◆新作ミュージカル『怪人と探偵』
【放送】12月21(土)18:15 [WOWOWライブ]
【原案】江戸川乱歩
【作・作詞・楽曲プロデュース】森雪之丞
【テーマ音楽】東京スカパラダイスオーケストラ
【作曲】杉本雄治(WEAVER)
【音楽監督】島健
【演出】白井晃
【出演】中川晃教、加藤和樹、大原櫻子、水田航生、フランク莉奈、今拓哉、樹里咲穂、有川マコト、山岸門人、中山義紘、石賀和輝、高橋由美子、六角精児ほか

(撮影/岡千里)

この記事の画像一覧

  • 013733.jpg
  • 013733_02.jpg
  • 013733_03.jpg
  • 013733_04.jpg
  • 013733_05.jpg
  • 013733_06.jpg
  • 013733_07.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事