loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

リーディングステージ『法廷の王様』荒牧慶彦、植田圭輔、 鈴木勝吾のメインビジュアル公開

013718.jpg
画像を全て表示(1件)

2020年2月より、間宮夏生による同名小説を舞台化したリーディングステージ『法廷の王様』が上演されるが、このほどメインビジュアルが公開となった。

出演は霧島連次郎役の荒牧慶彦、雨宮凛空役の植田圭輔、霧島花蓮役の鈴木みのり、吹越未来役の重留真波、朝倉遥輝役の鈴木勝吾。脚本と演出は西田大輔が手掛ける。

【あらすじ】
「俺以外に誰がいる?」

傲岸不遜にして毒舌。 けれど一度法廷に立てば、 負け知らずの“法廷の王様”
霧島に舞い込んだのは、 ストーカー殺人で起訴された青年の弁護だった。

とある事情から固辞する霧島だが、 見かねた上司の計らいで渋々ながら、元気が取り柄の新人弁護士・雨宮とともに弁護を引き受けることに。

青年の自白と“完璧”な状況証拠によって有罪確実な事件を逆転すべく、霧島が暴いた真実とは——!?
軽妙かつ爽快な法廷小説のニューヒーローが朗読劇に登場!

メディアワークス文庫 創刊10周年企画 リーディングステージ『法廷の王様』は2020年2月28日(金)・2月29日(土)に東京・山野ホールにて上演される。

◆チケット情報
【プレリクエスト抽選先行】~12月15日(日)23:59
【プレリクエスト抽選2次先行】2020年1月7日(火)12:00~1月13日(月・祝)23:59
【一般発売】2019年1月25日(土)12:00~

【公式サイト】http://www.readingstage-courtking.com/
【Twitter】@rscourtking

(C)リーディングステージ「法廷の王様」製作委員会

この記事の画像一覧

  • 013718.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事