loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

池袋に誕生する新LIVEエンターテインメント施設「MixaliveTOKYO」の詳細明らかに

013627.jpg
画像を全て表示(3件)

株式会社講談社が、新LIVEエンターテインメント施設を東京・池袋に開業し、本格的なライブ事業に参入する。2019年12月6日(金)にそのプロジェクト発表会が行われ、その全容が明らかにされた。名称は「MixaliveTOKYO(ミクサライブ東京)」、開業は2020年3月19日(木)を予定。バラエティ豊かなパートナー企業6社と連携し、4つのホールとグッズショップ、ライブカフェを運営する。発表会登壇者は、以下のとおり。

野間省伸(株式会社講談社 代表取締役社長)
呉祐一郎(豊島副区長)
佐々木伸一(佐々木興業株式会社 代表取締役社長)
小孫茂(株式会社テレビ東京 代表取締役社長)

【パートナー企業各社代表者】
川崎由紀夫(株式会社テレビ東京 上席執行役員)
松田誠(株式会社ネルケプランニング 代表取締役会長)
木谷高明(株式会社ブシロード 取締役)
國枝信吾(株式会社ムービック 代表取締役社長)
鎌田和樹(UUUM株式会社 代表取締役社長兼CEO)
村上潔(キングレコード株式会社 代表取締役社長)
古川公平(株式会社講談社 常務取締役)

該当施設は、池袋駅東口サンシャイン60通りの中央部に位置する旧「シネマサンシャイン池袋」をまるごとリノベーションした、地下2階から地上9階(1~3階を除く)の建物。地下1~2階には「Crab Mixa」と「Hall Mixa」、4~5階には「Studio Mixa」と「Store Mixa」、6~8階には「Theater Mixa」と「Live Cafe Mixa」が設けられる。

013627_2.jpg

013627_3.jpg

(※画像はイメージです)

演劇が上演されるのは「Theater Mixa」。当劇場は、ネルケプランニングのプロデュースによる2.5次元演劇を中心に、様々なジャンルの新たな作品を生み出す予定。収容人数は約300人(着席)。

本プロジェクトへの参加について、株式会社ネルケプランニング 代表取締役会長・松田誠氏は「昨今、劇場不足ですから、講談社様が劇場を作ってくださるというのは大変ありがたいこと。また、300というキャパシティの劇場はチャレンジしがいのある空間です。今、考えているのは1ヶ月公演をやっていきたい、ということ。日本の演劇界において、1ヶ月の公演を打つというのは難しいことなのですが、挑戦してみたいです。また、新しいスターを生み出したいとも考えています。“Mixa”出身の有名俳優を排出できるようにしていきたいと思っています」と構想を語った。

このほか、「Crab Mixa」は、音楽ライブに特化したスペースとして、キングレコード所属のアーティストライブはもちろん、様々なアーティストやイベントを行い、世界に向けた文化や情報の発信拠点を目指す。収容人数は約350人(スタンディング)。

「Hall Mixa」では、講談社関連の作品発表会やトークショーをはじめ、VR演劇などこれまでなかなか体験出来なかった演目を積極的に紹介する。収容人数は約140人(着席)。

「Store Mixa」は、テレビ東京の番組のライブや公開収録をはじめ、人気アニメやドラマの展覧会、VRイベントやピッチコンテストなど、テレ東ならではの365日を発信予定。収容人数は約400人(スタンディング)。

「Studio Mixa」は、ブシロードコンテンツのオフィシャルショップとして、「BanG Dream!(バンドリ!)」や「D4DJ」のグッズ販売を中心に、イベントに合わせた期間限定コーナーやカプセルトイを展開。

「Theater Mixa」では、ネルケプランニングのプロデュースによる2.5次元演劇を中心に、様々なジャンルの新たな作品を生み出す。収容人数は約300人(着席)。

「Live Cafe Mixa」では、漫画、アニメ、小説など様々な作品をテーマに、一定期間で趣向が変わる“五感で感じるライブカフェ”を展開する。席数は約60席。

この記事の画像一覧

  • 013627.jpg
  • 013627_2.jpg
  • 013627_3.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事