loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

塩野瑛久主演『DECADANCE』長妻怜央、猪野広樹、小南光司の出演も

013583.jpg
画像を全て表示(1件)

作・演出=西田大輔による、魔女伝説のルーツを探る少年たちの冒険物語『DECADANCE』―太陽の子―が2020年1月より東京と大阪にて上演される。

主演はTVドラマや映画でも知られる塩野瑛久。その脇を長妻怜央(7ORDER)、猪野広樹、小南光司、尾崎由香、田中良子、中村誠治郎、村田洋二郎、菊池修司、谷口賢志が固める。

【あらすじ】
「この国の王家には二百年に一度、魔女が産まれる。破壊の言葉を持ったその魔女を生かせば、国は滅ぶ」

一つの小さな小さな 冒険の話――。4人の少年は幼き頃、探検をした。

その国の一番大きなお城、その地下奥深くにある一つの牢屋に忍び込んだのだ。「太陽の子」というあだ名を持った、テイラー率いる少年たちにとっての小さな冒険は、15年後、国を転覆させる革命へと変わることになる。4人の少年が忍び込んだ牢屋で、見つけたものは――。

もう一つの冒険の話。
一人の少女アンナが失踪した兄を探しに、かつて栄えた国の国境地点に入る所から、物語が始まる。

親のいない自分を育ててくれた兄・ジェンバの突然の失踪。そして小さいころ自分を可愛がってくれた初恋の相手・テイラーに逢いたい一心で、何も持たない少女は革命の気運溢れる国に飛び込んだのだ。

少女が出逢う五人の男たち。その4人のうち一人が兄だということに気づく少女。
かつて牢屋を冒険した4人。

一人は革命家に。
一人は道化師に。
太陽の子の一番近くに生き、「月の子」と呼ばれたその男は、その国の「王」に。

そして少女の憧れである「太陽の子」は、浮浪者に。

一つの国で起こる、一つの国の終わりを、「太陽」を中心に描いていく冒険物語。

舞台『DECADANCE』―太陽の子―は以下の日程で上演される。

【東京公演】2020年1月24日(金)~2月1日(土) EX THEATER ROPPONGI
【大阪公演】2020年2月8日(土)2月9日(日) 森ノ宮ピロティホール

◆チケット発売スケジュール
【ディスグーニー先行】(抽選)
※プレミアムシート取扱い有り
11月30日(土)12:00~12月8日(日)23:59まで
http://eplus.jp/disgoonieof/

【イープラス最速プレオーダー受付】
※プレミアムシート取扱い有り
12月3日(火)12:00~12月8日(日)23:59 まで
http://eplus.jp/decadance/

【各プレイガイド先行】(抽選)
※プレミアムシートの取り扱いは、残席があった場合、イープラスのみで取り扱い
※詳細は後日発表
12月12日(木)10:00~12月15日(日)23:59 まで

【一般販売】
2019年12月21日(土)10:00~
※プレミアムシートの取り扱いは、残席があった場合、イープラスのみで 取り扱い
取り扱いプレイガイド:イープラス|カンフェティ|ローソンチケット|チケットぴあ|(大阪公演のみ)CN プレイガイド

【公式サイト】http://disgoonie.jp/decadance/

(C)2020・DECADANCE DisGOONie MMJ tv asahi . ALL RIGHTS

この記事の画像一覧

  • 013583.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事