loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

山崎育三郎が“黄泉の帝王”トートに!2020年版ミュージカル『エリザベート』キャスト発表

013429.jpg
画像を全て表示(1件)

東宝版初演から20周年となる2020年に四大都市連続公演が決まっているミュージカル『エリザベート』の製作発表会見が11月12日(火)に行われ、小池修一郎、花總まり、愛希れいか、井上芳雄、山崎育三郎、古川雄大らが登壇。引き続き、花總、愛希がエリザベート役、井上、古川がトート役で出演し、さらに山崎が今回初めてトート役を務めることが明らかになった。

本作は、『モーツァルト!』や『レディ・ベス』を手掛けたミヒャエル・クンツェ(脚本・歌詞)、シルヴェスター・リーヴァイ(音楽・編曲)、小池修一郎(演出・訳詞)のタッグにより2000年に帝国劇場にて東宝版初演を迎えたミュージカル作品。20周年を迎える2020年には東京、大阪、名古屋、福岡と四大都市での公演が決まっている。

11月12日行われた製作発表記者会見では、2020年版のキャストを発表。2015年から3度に渡り皇后暗殺者であるルイジ・ルキーニを演じてきた山崎が初めて、エリザベートを愛する“黄泉の帝王”トートを演じることが分かった。ルキーニを演じたことで役者として成長できたという山崎は「ルキーニだからこそできるトートがあると思うので精一杯がんばります」と意気込んだ。また、製作発表記者会見で初めて山崎のトート姿も公開されたが、前髪がセンター分けというこれまでにないトートが出来上がっていた。

配役、日程は下記の通り。

【出演】
エリザベート(Wキャスト):花總まり、愛希れいか
トート(トリプルキャスト):井上芳雄(大阪、名古屋、福岡公演)、山崎育三郎(東京公演)、古川雄大
フランツ・ヨーゼフ(Wキャスト):田代万里生、佐藤隆紀
ルドルフ:三浦涼介
ルドヴィカ/マダム・ヴォルフ:未来優希
ゾフィー(トリプルキャスト):剣幸、涼風真世、香寿たつき(東京、大阪公演)
ルイジ・ルキーニ(トリプルキャスト):尾上松也(東京、大阪公演)、上山竜治、黒羽麻璃央

エルマー:植原卓也
マックス:原慎一郎
ツェップス:松井工
リヒテンシュタイン:秋園美緒
ヴィンデッシュ:真瀬はるか
ほか

【東京公演】2020年4月9日(木)~5月4日(月) 帝国劇場
【大阪公演】2020年5月11日(月)~6月2日(火) 梅田芸術劇場
【名古屋公演】2020年6月10日(水)~6月28日(日) 御園座
【福岡公演】2020年7月6日(月)~8月3日(月) 博多座

【公式サイト】https://www.tohostage.com/elisabeth/

この記事の画像一覧

  • 013429.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事