loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

タクフェス第3弾『仏の顔も笑うまで』にモト冬樹、水夏希、樋口日奈ら出演決定!「大爆笑しに来てください」

013383.jpg
画像を全て表示(1件)

2020年4月から宅間孝行の作・演出で上演されるタクフェス春のコメディ祭『仏の顔も笑うまで』の出演者が発表された。宅間の他、モト冬樹、水夏希、樋口日奈、八木将康、鈴木裕樹、越村友一、外岡えりか、横山涼、秋本奈緒美、肥後克広が、お寺を舞台にしたノンストップのジェットコースターコメディに臨む。

2004年に東京セレソンデラックスが上演したシチュエーションコメディ『Happy』を16年の時を経て再演する本作。ふくちゃんとビバさん、おとぼけ銀行強盗バディが銀行強盗した直後に二人が逃げ込んだ光雲寺を舞台に、ふくちゃんが光雲寺の娘に恋をする姿を描いていく。

再演となる今回はふくちゃんを宅間、ビバさんをモトが務め、ふくちゃんが恋する光雲寺の娘・町田はな役を樋口、県知事の汚職を追求する熱血新聞記者・桂木恵一役を八木、同僚記者・小糸あかり役を水、県職員・番場約を鈴木、汚職疑惑が噂される県知事・鯉沼まこと役を越村、光雲寺が経営する幼稚園の先生・祐子役を外岡、近所の老舗蕎麦処『光庵』の跡取り・相場哲夫役を横山、世話好きの護寺会・桜沢菊子役を秋本、そしてドタバタの舞台となる光雲寺の住職・町田運海役を肥後が演じる。

以下、宅間、モトのコメントを紹介。

◆宅間孝行(作・演出・出演ふくちゃん役)
2年ぶりの春のコメディ祭り! お待たせしました。俺の作品の中でも、本当に馬鹿馬鹿しい笑い満載で愛おしさ全開という作品の登場です。なんと16年ぶりに初めて再演。何でそんなに空いちまったかって、そりゃもうコメディ感半端ないんでやる方も相当パワーがいるんですね、ちょっと勇気がいりましてね、なんつってもある意味壮大なコント! コント! コント! ですんでね、実力問われるし、その為には、こだわり抜かないといけないし。つーわけで、腹くくりました。抱腹絶倒。約束します。大爆笑しに来てください。待ってます!

◆モト冬樹(ビバさん役)
タクフェスは二度目の参加ですが宅間君とのコンビの役ということで、いまから楽しみでわくわくしております。前回の『あいあい傘』でもスリルと緊張感のある宅間君とのやりとりが一番の楽しみでした。しかも今回は俺の大好きコメディということではりきっています。間違いなくお客様が楽しめる作品になると思うので、私同様みなさんも楽しみにしていてくださいね。

タクフェス春のコメディ祭『仏の顔も笑うまで』は下記の日程で上演される。

【東京公演】2020年4月22日(水)~4月29日(水・祝) 渋谷区文化総合センター大和田さくらホール
【愛知公演】2020年5月9日(土)~5月10日(日) 御園座
【兵庫公演】2020年5月20日(水)~5月24日(日) 兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール

【出演】宅間孝行、モト冬樹/水夏希/樋口日奈(乃木坂46)、八木将康(劇団EXILE)鈴木裕樹、越村友一、外岡えりか、横山涼/秋本奈緒美、肥後克広(ダチョウ倶楽部)

【公式サイト】https://majidesu-stage.com/

この記事の画像一覧

  • 013383.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事