loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

ミュージカル『ダンス オブ ヴァンパイア』開幕!5度目の再演でも山口祐一郎らに魅せられる

013382_12.jpg
画像を全て表示(15件)

2019年11月5日(火)に5度目の再演となる山口祐一郎主演ミュージカル『ダンス オブ ヴァンパイア』が開幕。11月4日に公開ゲネプロと初日前会見が東京・帝国劇場で行われ、主演の山口、神田沙也加、桜井玲香、相葉裕樹、東啓介、石川禅が登壇し、作品への意気込みなどを語った。

本作は、『エリザベート』『モーツァルト!』『マリー・アントワネット』などを手掛けるミヒャエル・クンツェ(脚本/歌詞)と、映画『ストリート・オブ・ファイヤー』のテーマ曲の作曲家ジム・スタインマンが音楽を担当し、ヴァンパイアと人間の存亡をかけた運命の戦いを描いている。2006年に日本初演を果たし、5度目の再演となる今回もタイトルロールのクロロック伯爵を山口が務めている。

013382_09.jpg

ヒロインであるお風呂が大好きな宿屋の娘・サラは神田と桜井、気弱だが恋愛には一途な助手アルフレート役は相葉と東がそれぞれWキャストで演じ、クロロック伯爵と対決するアブロンシウス教授役は石川が務める。

物語は、ヴァンパイア研究に生涯を捧げるアブロンシウス教授と若き助手アルフレートが雪深いトランシルヴァニアの山に迷いこみ、身も凍る吹雪に見舞われながら何とか宿屋にたどり着いたところから始まる。そこは「ガーリック、ガーリック」と歌う怪しい村人たちのたまり場で、不審な村人たちの様子を見て教授はヴァンパイアの存在を確信することになる。

013382_16.jpg

お城に住むクロロック伯爵からの舞踏会の招待を夢見ながら、身を焦がす激しい恋を求めるサラはとにかく歌声も仕草もキュートで、アルフレートたちだけでなく観客をも虜にすること間違いなし。そんなサラや教授に振り回されながらも、サラを伯爵から取り戻すために奮闘するアルフレートの純粋で真っすぐな姿にも母性がふと湧き出し心くすぐられる。サラを思って歌い上げるナンバーでは強い意志を感じさせ、胸ときめくような“好青年”が描き出されていた。

013382_14.jpg

また、研究一筋、理性を信奉するアブロンシウス教授は、自分が信じて追い求めていることに真っすぐすぎるくらい真っすぐな“変わり者”。村人たちの機微な変化にも気付き、自分なりのヴァンパイア理論を持ち退治の仕方などもわきまえた目敏く賢い人物かと思いきや、ちょっととぼけたコミカルでお茶目な一面を持ち、これまた観客の目を引き付けていく。

その他にも妖艶な表情と仕草、服装でアルフレートにアプローチするクロロック伯爵の息子・ヘルベルト(植原卓也)や、適度に笑いと物語の流れを与えてくれるサラの父・シャガール(コング桑田)など魅力的なキャラクターが沢山いて、さらにヴァンパイアダンサーたちが魅せてくれる美しいダンスの数々が“ヴァンパイアがいる”という非現実的な世界観に無理なく引き込んでくれる。

013382_15.jpg

その中でもやはり山口が演じるクロロック伯爵の存在感は別格だ。登場するだけで不穏な空気感と肌の冷たさ、身を包むような闇を感じさせる。そして堂々とヴァンパイアダンサーを引き連れて歌う姿はまさに“支配者”。そんな圧倒的な存在であるクロロック伯爵にアブロンシウス教授とアルフレートがどう立ち向かっていくのか、そして随所で堪能できるゴージャスで妖しい、魅惑的なダンスに注目だ。

03B_0024.jpg

初日前会見では、山口が「この作品はずっと皆さまに愛されて、楽しんでいただいた作品でございます。今回のメンバーも今まで以上にエネルギッシュで、非常にチャーミングな作品になると思います」と自信を見せる。

013382_03.jpg

また、若い新キャストが顔を揃えていることに「皆さんのパワーとエネルギーと、舞台に対する真摯な態度。本当に真面目で、稽古場でもどうしてそんなに一生懸命お稽古するんだろう・・・いうくらい(笑)」と感心し「そんな若人たちといっしょに魅力的なチャーミングな作品になると思うんです」と改めて語った。

013382_04.jpg

2015年公演から引き続き出演となる神田は「参加させていただくのは2回目なんですが、お客さんとして見ている時からこの作品が大好きで。前回も『出るのが念願だった』とお話したんですけど、今回またヴァンパイアの世界に戻ってくることが出来てさらに光栄に思っています」と声を弾ませつつ、「秋の時期にぴったりの作品でお客さんにも楽しんでいただけるだろうなと思います」とアピールした。

013382_06.jpg

今回初参加となる桜井は「ついに始まるということでワクワクしています。5度目の再演ということで、再演を待ちわびていたお客さんも沢山いらっしゃると思うので、客席の皆さんと一緒に楽しめたら良いなと思います」と少し緊張した面持ちでコメント。

013382_05.jpg

また、相葉も「愛され続けている作品に今回初めてアルフレート役で出演させていただきます。どのような形になるのか実際に幕が上がらないと・・・僕自身体験したことないので、とてもワクワクドキドキしているんですけど・・・」と緊張しつつも、「先輩方に支えていただいて、それに乗っかって大真面目にバカをやって、お客様と一緒に楽しめたら良いなと思います」と意気込みは十分の様子。

013382_07.jpg

そして、東も「今回初めて作品に参加させていただくことになりまして、アルフレート役がものすごく身長のデカい僕で良いんだろうかと最初思ったんですけど、そのギャップを生かしていけたら」と笑いを誘いつつ意気込み、「約1か月半稽古に励んでみんなで作ってきたんですけど、今回は新しい試みをいくつか行われているのでそこも楽しみにしていただけたら。より愛されるように精進してまいりたいと思います」と語った。

013382_08.jpg

2009年公演より同役で参加している石川は「今回、舞台装置が一新しました。重厚感のある芸術作品、素晴らしい装置に変わりました。一度ご覧になられた方もまた新たな感動を味わえると思います。私も大変です(笑)。相当なアップダウンがあります・・・観てのお楽しみでございます」と苦笑いしつつ、アピールした。

また、今作が長く愛される理由を「『二元の道』というものがございます。島村抱月さんという芸術座と言う劇場を造った方の言葉なんですが、芸術性と大衆性、両方持ち合わせた作品は名作になるという意味だと思ってください。この『ダンス オブ ヴァンパイア』は芸術性と大衆性をしっかり持ち合わせた名作だと思うので、皆さまに愛されているのではないかと思います」と分析し、山口と共にしみじみ頷いた。

最後は山口の声掛けで神田&桜井が「ミュージカル『ダンスオブヴァンパイア』!」、相葉&東が「劇場で!」、そして全員で「お待ちしておりま~す!」とメッセージを送り、団結力の強さを見せた会見となった。

013382_02.jpg

ミュージカル『ダンス オブ ヴァンパイア』は下記の日程で上演される。上演時間は第1幕が1時間15分、休憩25分、第2幕が1時間25分の合計3時間5分を予定。

【東京公演】2019年11月5日(火)~11月27日(水) 帝国劇場
【愛知公演】2019年12月15日(日)~12月21日(土) 御園座
【福岡公演】2020年1月1日(水)~1月7日(土) 博多座
【大阪公演】2020年1月13日(月)~1月20日(月) 梅田芸術劇場

【公式HP】https://www.tohostage.com/vampire/

(舞台写真/東宝)
(取材・文・撮影/エンタステージ編集部 3号)

ミュージカル『ダンス オブ ヴァンパイア』

終わりなき欲望こそが神!VS理性こそがこの世の希望!

  • 公演:
  • キャスト:山口祐一郎、神田沙也加、桜井玲香、相葉裕樹、東啓介、石川禅、ほか
「チケットぴあ」で予約・購入

この記事の画像一覧

  • 013382_12.jpg
  • 013382_09.jpg
  • 013382_16.jpg
  • 013382_14.jpg
  • 013382_15.jpg
  • 03B_0024.jpg
  • 013382_03.jpg
  • 013382_04.jpg
  • 013382_06.jpg
  • 013382_05.jpg
  • 013382_07.jpg
  • 013382_08.jpg
  • 013382_02.jpg
  • 02B_0577.jpg
  • 02B_0656.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事