loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

安田顕×白井晃で舞台『ボーイズ・イン・ザ・バンド ~真夜中のパーティー~』LGBTを正面から扱う

013323.jpg
画像を全て表示(1件)

2020年7月に東京・Bunkamura シアターコクーンで、今年のトニー賞で演劇リバイバル作品賞を受賞した『ボーイズ・イン・ザ・バンド~真夜中のパーティー~』を日本人キャスト版として上演することが発表された。本作では、LGBTを正面から扱っており、今回は新訳と新演出での上演となる。新演出を手掛けるのは白井晃、主演は安田顕に決定した。

日本国内では『真夜中のパーティー』の名で知られる本作で描かれているのは、ゲイであることを自覚する男たちによる誕生日パーティーでの一夜。1968年にオフ・ブロードウェイで初演され、これまでに1,000回以上も上演されてきた。

初演から50周年を迎えて行われた2018年のアメリカ・ブロードウェイでのリバイバル上演では、LGBTであることを公言しているキャストたちが集結。ドラマ『ビッグ・バン・セオリー』のム・パーソンズや映画『スター・トレック』シリーズのザッカリー・クイント、ドラマ『ホワイトカラー』のマット・ボマーなど人気ハリウッドスターなどが出演し注目を集めた。

そして、2019年の第73回トニー賞では演劇リバイバル作品賞を受賞。原作のマート・クローリーがトロフィーを手に、この50余年のLGBTを取り巻く環境の変化に涙しながらスピーチを行って話題になった。

日本でも故・青井陽治氏の翻訳・演出で1983年に初演されさまざまな俳優陣によって上演されている。今回は新たな訳と、白井による新演出で、“まったく新しい作品”として上演される。

以下、白井、安田のコメントを紹介。

◆白井晃(演出)
1968年に初演されセンセーショナルを巻き起こした『The Boys in the Band』をこれ以上ないキャストの皆さんと日本でリクリエーション出来ることを大変光栄に思っています。トニー賞でリバイバル作品賞を受賞したばかりの作品ですが、初演から50年が経って社会が性的マイノリティに対して、どれだけ変化したかを考える意味でも重要な作品になると思います。米国に比べてまだまだ日本においてはこの問題は根が深く、あらゆるマイノリティと社会との関係を考える意味でも、今まさに必要な作品だと思います。出演者の皆さんと様々な議論をして、この作品を日本で再上演する意味を考えながら創作したいと思います。

◆安田顕(主演)
いい意味で難しく、やりがいのある作品に挑戦できること。
初めての白井さん演出。初めてご一緒するキャスト。再び共演するキャスト。
そしてシアターコクーンの舞台で主演を演じさせていただくことなど、すべてに感謝申し上げます。
良い本番を迎えられるよう、新鮮に稽古に取り組みます。
ぜひご覧ください。

【あらすじ】
真夏のニューヨーク。
アッパー・イーストサイドにあるマイケルのアパートでは、ゲイ仲間のハロルドの誕生日を祝う準備が進められていた。
次第に仲間たちが集まりパーティーが始まろうとしている時、マイケルの大学時代の友人、アランがやってくる。
唯一のストレートであるアランの存在はマイケルたちの感情に変化をもたらし、雰囲気が徐々に険悪になりつつある中、パーティーの主役であるハロルドが現れる。
パーティーは更に荒れ、マイケルは強引に「告白ゲーム」を始める。それは、心から愛している、または愛していたと思う相手に電話をかけ、直接「愛している」と告げると言うものだった。
これをきっかけに、それぞれの過去や本音が暴露されていく。

果たして、それぞれは誰に電話をかけ、どんな告白をするのか。
そして、マイケルにゲイであることを隠していると責められるアランは一体誰に告白の電話をかけるのか。
やがてパーティーの宴が終わったあと、男たちはどこへ向かうのか・・・。

『ボーイズ・イン・ザ・バンド ~真夜中のパーティー~』は、2020年7月に東京・Bunkamuraシアターコクーンにて上演される。宮城・仙台、北海道・札幌、大阪でも公演予定あり。

【公式サイト】https://www.bib-stage.jp

この記事の画像一覧

  • 013323.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事