loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

桂佑輔主催の演劇カンパニーの旗揚げ公演 グリークス第1部『戦争』11月6日より上演

013274.jpg
画像を全て表示(2件)

劇団新派に所属する桂佑輔が2019年に立ち上げた演劇カンパニー「PRAY▶」の旗揚げ公演 グリークス第1部『戦争』が、2019年11月6日(水)より東京・浅草九劇にて上演される。

本作は、ギリシャ悲劇9本をひとつの戯曲として編集した全3部の大作「グリークス」(編・英訳/ジョン・バートン、ケネス・カヴァンダー)のうち、第1部となるグリークス第1部『戦争』。日本古典演劇と現代演劇を学んだ桂の演出と新訳で、ギリシャ悲劇を再解釈し「いま、最も日本にささるギリシャ悲劇」を作り上げていく。

演劇界だけでなく声優界、テレビやダンス、音楽など、各方面で活動する総勢30人のメンバーが集結。読売演劇大賞にて優秀女優賞を受賞した長谷川稀世や、TV「百獣戦隊ガオレンジャー」ツエツエ役、アニメ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の声優などを務めてきた斉藤レイ、劇団四季出身で現在は舞台だけでなくアニメ「遊☆戯☆王VRAINS」などの声優としても注目を集める石毛翔弥、バラエティ番組やCMにも多数の出演歴がある、やまうちせりならが出演する。

013274_02.jpg

以下、桂のコメントを紹介。

◆桂佑輔(PRAY▶代表/翻訳・演出)
「グリークス」は、珠玉のギリシャ悲劇9本を、総上演時間9時間超の戯曲として編集した作品です。タイトルの和訳通り、ギリシャ悲劇を「ギリシャ人たち」というテーマで荘厳なドラマにまとめた超大作です。

「グリークス」の作者は、ギリシャ劇が大変面白い演劇であるにもかかわらず、現代という時代には合わなくなってしまい、身近に感じとりづらくなっていることを嘆いていました。その衝動と考察のもと、多数のギリシャ悲劇の中から9本のエピソードを厳選し、今日の世界にフィットするひとつながりの大河ドラマに再構築したのです。

「私たちの伝統の中で成立させたい(中略)私たちはギリシャ人でなく私たちなのだから。」この作者の信念は、現代日本での上演にも応用することができます。

三千年前と同じように、ハレの日に悲劇という名の愛の物語を上演する。それによって、心が浄化される特別な体験をしていただきたい。日本の風土に育まれた演劇のやり方を使い、今の東京で、母から子に語られてきた先祖の物語のように楽しんでいただけるのではないかと思っています。

俳優・スタッフともに本当に素晴らしいメンバーが集まりました。そもそも上演すること自体が非常に困難な、途方もないこの作品。そんな「グリークス」を、俳優の息づかいまで全て感じ取れるような規模の小劇場でご覧いただくことは、お客様にとって、忘れられない濃密な体験となるでしょう!

PRAY▶グリークス 第1部『戦争』は11月6日(水)から11月11日(月)まで浅草九劇にて上演される。

【チケット予約フォーム】https://www.quartet-online.net/ticket/pray1
【公式サイト】https://www.pray-theatre.com/

この記事の画像一覧

  • 013274.jpg
  • 013274_02.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事