loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

SUNPLUS 第1回公演『SUMMER BAZAAR』レポート――井澤巧麻&佐奈宏紀らが放つ“今”しかない青い光

013261.jpg
画像を全て表示(10件)

サンミュージック所属の若手俳優ユニット「SUNPLUS」が結成から4年半。メンバー11人のみでつくる初めての演劇公演が、ついに実現した。本記事では、2019年10月18日(金)に開幕した、SUNPLUS 第1回公演『SUMMER BAZAAR ~夏の終わり~』の模様をレポートする。初日前に行われた公開ゲネプロでは、蒼木陣、井澤巧麻、佐伯亮、佐奈宏紀、谷水力、野口準、平野宏周、丸山隼、水田達貴、三井理陽、山形匠が、共に夢の舞台へと踏み出し、熱のこもった芝居を見せてくれた。

013261_2.jpg

物語の舞台は、寮制の男子校・葉光学園。思春期ならではの「人間関係の悩み」や「家族との摩擦」、「将来への不安」など、様々な事情を抱える高校生たちの心の内と、そこから進み出すまでの葛藤を描く。

013261_6.jpg

ステージセットは、二年生寮の談話室というワンシチュエーション。お盆休み、実家に帰らないという選択をした秋吉風太(井澤)、脇坂淳之介(佐伯)、堀尊(佐奈)、小山内正人(谷水)という男子学生たち。4人は同じ寮に住んでいながら、ほとんど話したことがなかった。そんな彼らが、同じ時間を過ごす中でどう触れ合っていくのか・・・。

013261_3.jpg

013261_5.jpg

そこに、通いの2年生で、小山内の友人・宮野(山形)が加わり、ストーリーは大きく動いていく。それぞれが家庭や恋の問題に悩まされながらも、仲を深めていく姿が紡がれるのだが、ユニットのメンバーとして共に活動してきたことが、舞台上の距離感にいい影響を及ぼしている。年齢もキャリアも違うけれど、絶妙な「同級生」感。

013261_9.jpg

また、思春期という枠に収まりきらない、その胸に抱える事情の大きさも、気負わず自然体に演じていた姿が印象的だった。物語が進むにつれ、5人が抱える問題もより深刻度を増していくのだが、それと比例するように、よく知らなかった相手を思いやる気持ちも強くなる。

013261_8.jpg

013261_4.jpg

そして、正人の兄・渉(蒼木)、風太の弟・公太(野口)、尊の親戚・岸直次郎(三井)、寮管理人の孫・榊淳史(水田)、そして教師の夏井望(平野)と橘陸夫(丸山)も、彼らを悩ませ、見守り、愛する存在として、物語の陰影をしっかりと強めている。

013261_7.jpg

寮生活、男子高校生とポップな設定でありながら、実は深くヘビーな事情が隠された物語だが、挟み込まれる笑いの要素がふっとその空気を緩めてくれる。重くなりすぎず、軽快に描かれていたのは、この笑いがあるからこそだ。

013261_10.jpg

ユニット結成当時から、“俳優集団”であることを矜持として携え、みんなで“舞台”を作ることを夢見てきたSUNPLUSの面々。ほのかな青さは、きっと今しか見ることができない。きっとそれは、彼らが俳優人生を振り返る際に、光となってその背を押してくれることだろう。

SUNPLUS 第1回公演『SUMMER BAZAAR ~夏の終わり~』は、東京・新宿村LIVEにて上演。上演時間は、公演時間は約1時間35分を予定。

(取材・文・撮影/嶋田真己)

 

SUNPLUS 第1回公演『SUMMER BAZAAR~夏の終わり~』

SUNPLUSがメンバー11人のみで作るオリジナル脚本の会話劇に挑戦!

  • 公演:
  • キャスト:蒼木陣、井澤巧麻、佐伯亮、佐奈宏紀、谷水力、野口準、平野宏周、丸山隼、水田達貴、三井理陽、山形匠
「チケットぴあ」で予約・購入

この記事の画像一覧

  • 013261.jpg
  • 013261_6.jpg
  • 013261_2.jpg
  • 013261_3.jpg
  • 013261_5.jpg
  • 013261_9.jpg
  • 013261_8.jpg
  • 013261_4.jpg
  • 013261_7.jpg
  • 013261_10.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事