loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

舞台『デュラララ!!』キャスト発表一人目!帝人役は橋本祥平

013246.jpg
画像を全て表示(1件)

2020年4月から5月にかけて、東京・愛知・大阪の3都市で上演される舞台『デュラララ!!』より、一人目の出演者が発表された。竜ヶ峰帝人役に決まったのは、橋本祥平。これに合わせ、ビジュアルも公開された。このほかのキャストも、今後続々と発表予定とのこと。

「デュラララ!!」は、2004年に電撃文庫(KADOKAWA)より刊行された作・成田良悟、イラスト・ヤスダスズヒトによる小説。13巻で第1部が完結した後にも第2シリーズ「デュラララ!!SH」やスピンオフなどが発売されている人気シリーズで、2010年にTVアニメとして第1期を放送、2015年には第2期「デュラララ!!×2」も製作された。

舞台版の演出は毛利亘宏(少年社中)。脚本はTVアニメのシリーズ構成を担当していた高木登が手掛けることが明かされていた。

【「デュラララ!!」あらすじ】
都会の非日常に憧れる少年・竜ヶ峰帝人(りゅうがみねみかど)は、幼馴染の紀田正臣(きだまさおみ)の誘いもあり地元を離れて池袋にある来良学園に入学してきた。しかし、池袋の街は帝人の想像以上の非日常だった。標識をへし折り自動販売機をぶん投げる平和島静雄(へいわじましずお)や情報屋の折原臨也(おりはらいざや)、ダラーズや黄巾族と呼ばれるカラーギャング、そして極めつけは漆黒のバイクを駆る“首なしライダー”!!
そして気が付いた時には、帝人も非日常の中心に吸い寄せられていくのであった・・・。

【公式サイト】https://durarara-stage.com
【公式Twitter】@durarara_stage

この記事の画像一覧

  • 013246.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事