loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

西田大輔のディスグーニー第7弾は栗山航、萩谷慧悟らと『PSY・S』ビジュアル公開

013243.jpg
画像を全て表示(1件)

2019年11月に上演される舞台『PSY・S』~PRESENT SECRET YOUNG SHERLOCK~のキービジュアルが公開された。『PSY・S』(サイ・ズ)は、2002年に西田大輔が主宰するANDENDLESS により初演された作品。今回も、西田が新たな脚本と演出で、ディスグーニー第7弾公演として上演する。

出演は栗山航、萩谷慧悟、松村龍之介、赤澤燈、中村静香、谷口賢志、田中良子、村田洋二郎、中島早貴、松岡里英、伊藤孝太郎、書川勇輝、鈴木勝吾。

【あらすじ】
スコットランドの寄宿学校時代を共に過ごしたコナン・ドイルと恋人のメアリー。
ドイルは学校を卒業し、ロンドンの花屋で働くことになったメアリーと、文通を続けていた。最初の頃は頻繁にやり取りをし、離れながらも愛を育んでいた二人。
だが、次第に手紙は減っていき、しばらくすると彼女からの返事はまったく来なくなった。
ここまでならば、遠距離によくある恋人の別れと言えよう。だが、コナン・ドイルはロンドンに赴く必要があったのだ。その理由は一つ、彼女の最後の手紙 。
「あなたは、誰ですか?」
そう書き記した手紙を持って、コナン・ドイルは彼女の努めている花屋の住所を目指す。場所はベーカー街221B。
その場所で出逢った男は、その日から花屋の二階で下宿をするために上京した、ジョン・H ・ワトスン。
だがワトスンもまた、紹介状を持ちながら、同居する先住者にすっぽかされ途方に暮れていた。ふと、同じ場所で出会った二人はぶつかり、互いの手紙を間違えて持ってしまう。メアリーの手紙と、221Bの紹介状・・・その入れ替わりが、「事件」の始まりを作ってしまう 。
二人は、互いの手紙を探して広場へと赴き、一人の男と出会う。
出会ったのは シャーロック・ホームズ。
そして、その広場に降り立つ時間旅行機。
降りてきたのは 画家と名乗る一人の女だった。
これは、二人の最初の事件。そしてドイルが見た、名探偵の始まりの物語――。

『PSY・S』~PRESENT SECRET YOUNG SHERLOCK~は、以下の日程で上演される。チケットは、10月13日(日)より一般発売開始。

【東京公演】2019年11月7日(木)~11月15日(金) シアター1010
【大阪公演】2019年11月23日(土)~11月25日(月) 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

【ディスグーニー公式サイト】http://disgoonie.jp/
【舞台特設サイト】http://disgoonie.jp/stage/vol7/

(C)2019PSY・S DisGOONie tv asahi . ALL RIGHTS RESERVED

 

この記事の画像一覧

  • 013243.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事