loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

忍たまファミリーのガッツが溢れる!「忍ミュ」第10弾再演 稽古場レポート

013224.jpg
画像を全て表示(15件)

2019年10月14日(月・祝)よりミュージカル『忍たま乱太郎』第10弾再演 これぞ忍者の大運動会だ!が上演中。本番を間近に控えた10月初旬、都内の稽古場を取材した。この日は、振り付けを担当しているRYOJIを迎えてのダンス詰め稽古。前日に稽古場での最後の止め通しを終え、それぞれの役に対する思いや集中力は大いに高まっていた。

【関連記事】「忍ミュ」第10弾の再演に反橋宗一郎「善法寺伊作、完全復活!」

本作は、今年5月に上演された“忍ミュ”シリーズ第10弾の再演だ。忍ミュ史上最強の敵役の一人・海松万寿烏役として萬谷法英が忍ミュ初参加となるほかは、5月初演のキャストが再び集結。再演だが、新曲を3曲追加し「アナザーストーリー」も一新、殺陣もパワーアップさせるなど、見応えの増した内容となっている。

各自ウォームアップを終えたところで、RYOJIから「本番通りのテンションでいきましょう。それでは、よろしくお願いします」と声がかかり、稽古がスタートした。まずは全員が出演する「忍者はガッツ!」と「勇気100%」から。

013224.jpg

013224.jpg

「忍者はガッツ!」の曲が流れ始まると、元気な歌声が稽古場に響き渡る。始まって早々にもかかわらず、すでに「忍ミュ」の空気が出来上がっていた。一曲終えると、学年ごとにソロダンスシーンの最終調節が行われる。隣り合うキャストの距離感やポーズ、タイミングなどを合わせていく。

013224.jpg

他学年が指導を受けている横では、ほかの学年で集まってダンスのポイントを再確認するなど、隙間時間からもキャスト同士の信頼関係が垣間見えた。ぴったりと揃ったダンスにRYOJIも「いいね、気持ちいいです」と合格点をつける。

013224.jpg

続いては「勇気100%」へ。アニメでもお馴染みのこの曲だが、多くの人が聞き慣れているからこそ、キャストのパワーで新鮮味を持たせなければならない難しい曲だ。上級生が客席に降りる曲の中盤では、1年生キャストが舞台上に残り、サビを歌いあげる。

踊り続けるには体力的にもきつくなってくる頃だが、舞台脇から上級生が「もっといける、がんばれ!」「いいよ、最高だあ!」と鼓舞する。それに応えるように、目一杯高く飛び、大きな声で歌う1年生キャスト。脚本・作詞・演出の竹本敏彰も片手を振り上げ、一緒になって稽古場のテンションを上げていた。

013224.jpg

013224.jpg

ノンストップで次の曲に。運動会の途中で盛り込まれる曲では、移動の幅が大きいため、1年生キャストは大人の歩幅に合わせてせわしなく動き回る。振りのタイミングと場ミリを完璧にするため、上級生キャストが声掛けをしておさらい。「もう一回だけやっておこうか」と、丁寧に不安要素を取り除いていっていた。

013224.jpg

わずかな休憩を挟み、ドクタケ忍者隊の曲へ。殺陣も担当しているキャプテン達魔鬼役の高橋光は「一発OKをもらってすぐ次の曲にいくから、みんな、休む暇はないぞ~(笑)」と冗談交じりで、他キャストに堂々の宣言。そして、その言葉通りRYOJIに1発OKをもらい、ベテラン勢としての実力を見せつけた。

013224.jpg

Wキャストの1年生は、それぞれの個性を活かして舞台上を大きく使う。逆班が曲通しをしている最中にも、姿勢正しくそれを見守り、気になった点があれば指摘し合っていた。初演からの成長を感じられるのも、再演ならでは。

013224.jpg

M3は6年生の見せ場ともいえる、鍛錬のシーンである。一人一人の紹介の場面では本番さながらの気迫に溢れ、稽古場であるにも関わらず、東京・シアターGロッソのセットが見えてくるようだった。

013224.jpg

013224.jpg

湯本健一は洗練された動きで立花仙蔵の美しさを存分に表現、潮江文次郎役の渡辺和貴は長い袋槍を自身の手足のように自由自在に操る。七松小平太役の木村優良は、表情で”いけいけどんどん”な小平太、そして知性や冷静さを持つ小平太の両方を魅せ、中在家長次を演じる新井雄也の厳かな立ち姿は、観客の注目を一気に引きつける。

013224.jpg

013224.jpg

食満留三郎役の秋沢健太朗は、慣れた手つきで鉄双節棍を操り、風を切るヒュン!という音は見る者にリアルな緊張感を与える。包帯という特殊武器を使う善法寺伊作役の反橋宗一郎は、保健委員としての優しさ、忍者としての厳しさを兼ね備えた目で、客席を見据える。

013224.jpg

ダンス稽古を見ながら「何回見ても、楽しい」と頷くのは演出の竹本。その言葉通り、何度見ても新しい発見が「忍ミュ」にはある。

再演では、初演を録画したDVD・CDの先行販売も行われるため、ぜひチェックを。DVDには本編以外の舞台裏映像、野外イベント、CDには本編楽曲に加えてアフターイベントにて使用された楽曲も収録されるとのこと。

ミュージカル『忍たま乱太郎』第10弾再演 これぞ忍者の大運動会だ!は以下の日程で上演。ゲネプロレポートはこちら。

【東京公演】10月14日(月・祝)~10月27日(日) 東京ドームシティ シアターGロッソ
【尼崎公演】11月8日(金)~11月10日(日) あましんアルカイックホール

【公式HP】http://www.musical-nintama.jp/
【公式Twitter】@myu_tama

 

(C)尼子騒兵衛/NHK・NEP (C)ミュージカル「忍たま乱太郎」製作委員会

この記事の画像一覧

  • 013224.jpg
  • 013224_02.jpg
  • 013224_03.jpg
  • 013224_04.jpg
  • 013224_05.jpg
  • 013224_06.jpg
  • 013224_07.jpg
  • 013224_08.jpg
  • 013224_09.jpg
  • 013224_10.jpg
  • 013224_11.jpg
  • 013224_12.jpg
  • 013224_13.jpg
  • 013224_14.jpg
  • 013224_15.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事