loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

『鬼滅の刃』末満健一×和田俊輔のタッグで2020年1月舞台化

013087.png
画像を全て表示(1件)

「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載中の吾峠呼世晴による人気漫画「鬼滅の刃」が、舞台化することが発表された。これは、2019年9月30日(月)発売の「週刊少年ジャンプ」紙上にて明らかになったもの。脚本・演出を手掛けるのは末満健一、音楽は和田俊輔が手掛ける。

「鬼滅の刃」は、大正時代の日本を舞台に、心優しき少年・炭治郎が家族を殺した鬼を討つため、鬼に変貌した妹・禰豆子を元に戻すため、“鬼狩り”の道へと進む姿を描いた作品。少年漫画らしからぬ独自の画風と世界観、人と鬼との切ない物語、鬼気迫る剣戟、時折コミカルに描かれるキャラクターたちが注目を集め、コミックスのシリーズ累計発行部数は1,200万部を突破している(2019年9月時点)。2019年4月よりTVアニメ化され、その最終回では劇場版アニメーションの製作も発表された。

【あらすじ】
時は大正、日本。
炭を売る心優しき少年・炭治郎は、ある日鬼に家族を皆殺しにされてしまう。
さらに唯一生き残った妹の禰豆子は、鬼に変貌してしまった。
絶望的な現実に打ちのめされる炭治郎だったが、妹を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため、“鬼狩り”の道へ進む決意をする。
人と鬼とが織りなす哀しき兄妹の物語が、今、始まる――!

舞台『鬼滅の刃』は、2020年1月に東京と兵庫で上演を予定。「少年ジャンプ+(プラス)」では、チケットの最速先行が実施されるとこのこと。

【公式サイト】https://kimetsu.com/stage/
【公式Twitter】@kimetsu_stage

※禰豆子の「禰」は「ネ(しめすへん)」が正式表記

p class="credit">(C)吾峠呼世晴/集英社

(C)舞台「鬼滅の刃」製作委員会2020

 

この記事の画像一覧

  • 013087.png
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事