loading
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

北村諒「体内活劇『はたらく細胞』Ⅱは素晴らしいコンテンツ」

013084.jpg
画像を全て表示(20件)

2019年9月27日(金)東京・シアター1010にて体内活劇『はたらく細胞』Ⅱが開幕。初日前には囲み会見とゲネプロが行われ、北村諒、川村海乃、君沢ユウキ、杉江大志、高木俊が登壇した。

白血球役の北村は初日を目前に「やっと劇場にこれたな、という思いがあります。この作品はお客様と作るシーンや空気感がすごく大事なので、今からお客様と一緒にこの舞台を完成に持っていけるんだと思うと、すごくわくわくします」と笑顔でコメント。

013084.jpg

初演の際は和田雅成が演じていた本役。北村は「身体の中に白血球はいくつもありますし、僕がどうがんばってもまーしー(和田)にはなれないですから、前回をリスペクトしつつ、今いるキャストとできる一番のことをしました。まーしーとご飯を食べる機会もあったのですが『働く細胞どう?』と聞かれて『がんばってるよー!』と答えて、それ以外は『はたらく細胞』については話さなかったですね(笑)」と伸び伸びと役を演じていることを話した。

013084.jpg

赤血球役の川村は「とにかくテンポと笑いと、インフルエンザ(高木)によるお客さまとの絡みが楽しみで仕方ないです」と話し、自身の役については「応援してもらえるような赤血球にしたいです」と意気込んだ。

さらに「お客さんからパワーをもらって、ちゃんとお客さんに思いを届けられるようにがんばりたいと思います。生独特の楽しみ方があるので、ぜひ劇場にいらしてください」とガッツポーズ。

013084_03.jpg

013084_03.jpg

初演より引き続きの出演となる君沢。自身が演じるキラーT細胞について「免疫細胞と言って悪い菌を殺す、言わば”殺し屋”的な存在でアクションも多いです。今回は、殺し屋ならではの寂しさや孤独さも描かれているので、そこも見ていただければ」と見どころを明かした。

一般細胞を演じる杉江は「劇場入りして映像や照明が入り、形になってきたなあと思います。お客様がどんな反応をしてくれるのか、不安でもあり、楽しみでもあります」と期待を寄せ「演出の中にお客様を巻き込む色々な巻き込むサプライズがあるので、来るだけで楽しんでいただけるものになっています」と作品をアピールした。

013084_03.jpg

君沢と同じく初演からの出演となる高木は「引き続き参加させていただくこととなりましたが、やるからには去年を超えるものにしていきたいです。僕としては、油断しているお客さんをいじっていじって、そして・・・いじって、楽しみたいと思います(笑)」とニヤリ。

013084_03.jpg

高木はインフルエンザウイルス感染細胞と流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の原因となるムンプスウイルスを演じるが、実は観客がムンプスウイルになれる瞬間も。会場ではムンプスウイルスのお面が渡されるので、舞台上のアナウンスにしたがってお面を付ければ、より一層物語の中に入り込めること間違いなし。

013084_03.jpg

013084_03.jpg

舞台上では第1弾に引き続き、人間の体内におよそ37兆個あるといわれている細胞たちの活躍が描かれていくが、今回は細胞たちの関係がさらに色濃く描かれている。白血球、赤血球のほっこりエピソードや、キラーT細胞とNK細胞のどつき(じゃれ?)合い。そして山田ジェームス武演じるがん細胞が登場した際の、細胞同士の緊迫したやり取りなど、目が離せない展開が続く。

また、本作には子ども席(小学生のみ)が用意されているため、親子でお得に観劇することもできる。君沢はこれについて触れながら、自身も子どもの頃に観た演劇に大きな影響を受けたことを語り「いつかどこかで学校公演をやってほしいいな、なんていう欲望を持ちながら、今回の公演、必死でがんばりたいと思います」と、熱い思いを明かしている。

会見中には、本作に登場する○○細胞をもじり、お礼を言うシーンで「ありがとう細胞」と一礼、いい発言をした人に「100点細胞」とコメントするなど、和気あいあいとした雰囲気がこちらまで伝わってきた。

013084_03.jpg

会見の最後には北村が「体感できて、楽しく学べるところが魅力の作品です。遊園地に行っているのに勉強できるみたいな、素晴らしいコンテンツです。僕たち細胞が死ぬ気で戦ったり逃げたり、協力しますので、ぜひ劇場にいらしてください」とファンへ呼びかけた。

なお、本作はBlu-ray&DVDの発売が決定。本編ディスクに加え、特別映像では密着したバックステージ映像ほか収録予定。さらに特典ディスクがもう1枚ついたアニメイト限定版も発売されるとのこと。2020年3月25日(水)発売予定。詳細は公式サイトにてご確認を。

体内活劇『はたらく細胞』Ⅱは、9月27日(金)から10月6日(日)まで東京・シアター1010にて上演。千秋楽となる10月6日(日)16:00の公演は、ニコニコ生放送にて独占有料生配信される。

013084_03.jpg

【公式サイト】https://hataraku-saibou.com/butai/
【Twitter】@saibou_butai

  

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部2号)

※高木俊の高ははしご高が正式表記

(C)清水茜/講談社・体内活劇「はたらく細胞」プロジェクト 2019

この記事の画像一覧

  • 013084.jpg
  • 013084_02.jpg
  • 013084_03.jpg
  • 013084_04.jpg
  • 013084_05.jpg
  • 013084_06.jpg
  • 013084_07.jpg
  • 013084_08.jpg
  • 013084_09.jpg
  • 013084_10.jpg
  • 013084_11.jpg
  • 013084_12.jpg
  • 013084_13.jpg
  • 013084_14.jpg
  • 013084_15.jpg
  • 013084_16.jpg
  • 013084_17.jpg
  • 013084_18.jpg
  • 013084_19.jpg
  • 013084_20.jpg
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オススメの記事

人気の記事